こんにちは、シンリーです。

【天然アロマオイル】ラベンダー油について

こんにちは、シンリーです。

シンリーボーテは、様々な精油に対しそれを嗅ぐことによる女性ホルモン分泌量の変化を測定し、200種類以上もの中からもっとも効果の高い組み合わせと配合比率を検証してたどり着いた、ラベンダー油、オレンジ油、ローマカミツレ油、ベルガモット果実油、ゼラニウム油、この5種類をブレンドして組み合わせた100%天然アロマオイルを配合しています。

今日はその中からまずラベンダー油についてお話しします。

紫色の花と清潔感のある香りが印象的なラベンダーシソ科のハーブで、花と葉を水蒸気蒸留して採油します。
ラベンダーは古くから人気のあるハーブで、古代ローマ人はその香りと治療目的で入浴のときに用いたとか。「洗う」を意味する名前が由来とされ清潔感のあるイメージをもちます。園芸種を含めると100種ものラベンダーがありますがアロマテラピーではイングリッシュ系のものが一般的です。


ラベンダーの心と体に与えるアロマ効果

ラベンダーは万能オイルでアロマテラピーではもっともメジャーでポピュラーなエッセンシャルオイルなんと言っても優れたリラックス効果をもたらすことが魅力です。精神的な不安や緊張感を取り除いて、安眠へといざなってくれます。またラベンダーのアロマオイルは、職場の人間関係などで傷ついた繊細な心を癒し、ストレスや蓄積したフラストレーションを取り除く効能があります。

ラベンダーのアロマオイルが体に与える効果と効能は、体の痛みをとってくれることが挙げられます。頭痛、筋肉痛、生理痛、腹痛、神経痛などを血圧を安定させることによって和らげる効能があります。またラベンダーには殺菌力もありますから、切り傷や火傷の治療にも効果を発揮します。

ラベンダーは睡眠を改善するため不眠の場合はまずは使いたいもののひとつです。さらにラベンダーの香りは怒りを和らげ中枢神経のバランスを回復させるといわれます。皮膚細胞を活性化させるためスキンケアとしては日焼けやシミの改善が効果が期待できます。

ラベンダーを用いたアロマテラピーには、自律神経を回復させて安定する高い効果があります。気持ちの苛立ちなどから不眠を感じる人は、ラベンダーのアロマオイルの効能をぜひ利用してみてください。

ラベンダーは意外と強く香るため、少量を嗅ぐとそのバランスのとれた香りを実感出来るでしょう


次回はオレンジ油についてお話しします。


by シンリー









申 弘美 Shin Hiromi
1963年9月9日生まれ。外資系、大手企業でマーケティングディレクターとして24年間勤務。金融から通販、高級消費財まで多くのマーケティング業務に携わる。2009年より化粧品の開発に取り組み、一消費者として一切の妥協を許さず、苦労の末に「シンリーボーテ」を完成。企業にいては成し得なかった「お客様の立場に立って」という信念のもとに、常に顧客目線で考えることをモットーとしている。

バックナンバー

お電話でもご注文いただけます。商品や使い方のお問い合わせもお気軽に!シンリーボーテお客様窓口 フリーダイヤル0120-80-9090 平日(月?金)9:00?20:00 土・日・祝日9:00?18:00