ビューティーホルモンアップ塾

夏こそ保湿!正しい日焼けのアフターケア

こんにちは、シンリーボーテ美容スタッフのタカ子です。
これからこのビューティーホルモンアップ塾で、美容に役立つ情報をお届けしていきます。

さてさて、今年の夏は本当に暑いですね。
まさに照りつけるような太陽、紫外線も、さぞかし強烈なことでしょう・・・

紫外線の肌への影響は、単に日焼けで肌が黒くなるだけではありません。
本当に怖いのは「光老化」!

自然の摂理だと思われている、たるみやシワなどの肌老化。
実は年齢による影響は私たちが考えているよりずっと少なく、老化の80%以上が紫外線によるものだと言われています。

年をとるから老化するのではなく、紫外線を浴びる量が増えたから老化する、ということですね。
逆に言えば、紫外線さえ浴びなければ、ずっと若々しい肌でいられるということ。

とはいえ・・・、100%紫外線を防ぐというのは難しいですし、こんなに陽射しが強いとなおさらですね。
でも、スキンケアで紫外線ダメージを軽減させることは可能なんです。
正しいアフターケアで、みずみずしい素肌を守りましょう!

日焼けのアフターケアのポイントは2つ。
「冷却」と「保湿」です。

まずは冷却。

紫外線にあたった肌は軽い炎症を起こし、火傷のような状態です。
炎症は、紫外線を浴びてから12~24時間後に起こるので、それまでの間に肌を冷却しておくことが大切。
冷たいシャワーや氷を使って、赤みがなくなるまでしっかり冷やし、肌を落ち着けましょう。

そして次は保湿です。

紫外線は肌のコラーゲンを破壊します。
さらに、外部刺激を受けた肌は角質を厚くして守りに入ろうとするので、紫外線を浴びた肌は、とても乾燥しやすい状態です。

夏は汗でベタつきがちなだけに、つい保湿がおろそかになりがちですが、日焼けしたまま放っておくと、肌はどんどん乾燥して、角質も厚くなり、シワやくすみの原因になってしまいます。

日焼けダメージを肌に残さないためにも、夏こそ保湿!と心得て、いつも以上にたっぷり、化粧水で水分補給してください。

ただし、日焼けした肌は敏感になっていますので、化粧水は低刺激なものを使い、パッティングなどで刺激を与え過ぎないように注意してくださいね。
シートマスクに化粧水をたっぷり染み込ませて、ローションパックするのもおすすめです。

冷却と保湿、2つのポイントを抑えて、この夏の紫外線ダメージを乗り切ってください!

この記事の続きを読む≫

女性ホルモンの基礎知識

こんにちは、シンリーボーテ美容スタッフのタカ子です。

シンリーボーテは女性ホルモンと女性の肌の関係に着目して開発された基礎化粧品ですが、そもそも「女性ホルモン」が何かということは、女性であっても意外に知らなかったりするのではないでしょうか?

かくいう私も、30代になるまでほとんど意識したことがありませんでした^^;

女性ホルモンとは、一言でいうと、女性が女性らしくあるための特徴を司るホルモンです。
例えば、みずみずしい肌や髪、バストやヒップに丸みを帯びた女性らしいボディライン、妊娠、出産・・・
女性としての魅力を高め、子孫を残す、そのすべてに関わっているのが女性ホルモンなんですね。

よく似た言葉に「フェロモン」がありますが、これはホルモンとはまったくの別物!
ホルモンは体内で分泌されて心身の機能に働きかけるものですが、フェロモンは体外に放出され、自分以外の個体に働きかけるものです。

女性ホルモンは卵巣で作られていますが、その量は一生分で、ティースプーンたった1杯程度。
こんなに少しの量で、一生分のあらゆる女性機能を司っているというのですから驚きですよね。
針の先ほどの量だけでも、大変な影響があ

私たちの体内で作られている女性ホルモンには2種類あり、月経周期に応じて2種類のホルモン量が絶えず変化しています。

そして、この変化が女性の体や気持ちの変化と連動しているんです。
生理前にイライラしたり、肌の調子が悪くなったり・・・なんて経験、女性であれば誰しも経験があると思いますが、これも女性ホルモンバランスの変化による影響。
女性ホルモンは、女性の体だけではなく、心理状態にまで影響しているんですね。

ちなみに男性の場合は、女性のように周期的にホルモン量が変化することはないため、女性に比べると体調や精神のアップダウンも少ないのだそうです。

言われてみれば確かに...。
1ヶ月のうちで、体調や気分が変化するのって女性特有ですものね。
そういった男女の違いにも関係しているホルモン、奥が深い!

ビューティーホルモンアップ塾では、今後も女性ホルモンに関する情報をどんどんお届けしていく予定です。
それでは、また次回お会いしましょう?。

この記事の続きを読む≫

2つの女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロン

こんにちは、シンリーボーテのタカ子です。

女性の性的な魅力と、生理的な機能、そのすべてに関わっている女性ホルモン。
実際には、女性ホルモンという1つのホルモンがあるわけではなく、複数の女性ホルモンが存在して、それぞれに違う役割を持っています。
ビタミンにビタミンAやビタミンCがあるような感じですね。

その中でも、2大女性ホルモンとされているのが、エストロゲンとプロゲステロン!
今回は、私たち女性の体調やお肌の調子にも大きく関わっている、この2つのホルモンについてご紹介します。

まずはエストロゲン。
別名、美肌ホルモンや美人ホルモンなどとも呼ばれることがあり、女性を美しくしてくれるホルモンとして知られています。

しかし、その真の目的は、妊娠を確実にすること!
こう解釈しておくと、エストロゲンの効果はわかりやすくなります(と、タカ子は思ってます)。

エストロゲンが分泌されると、女性はお肌も髪もツヤツヤになり、ボディラインは曲線を帯びた女性らしいものになり、気持ちまで上向きになってきます。

これらは、異性を誘惑するために、エストロゲンが女性としての魅力を高めているんですね。
この時の女性は、活力と自信に満ちて、イキイキとした状態です!

さらに外見ではなく、体の内側では子宮内膜を厚くして、妊娠しやすいように準備をしています。
これは柔らかいお布団を敷いているようなイメージ。
子宮の内側をフカフカにして、受精卵を受け止める準備を整えます。

そして、この次のステップを担当しているのがプロゲステロン。
プロゲステロンの主な役割は、妊娠状態の持続で、エストロゲンが用意したお布団に、受精卵がしっかりくるまって寝付けるように整えたりしてくれます。
妊娠が成立した場合は、出産までずっと分泌され続け、無事に赤ちゃんが生まれるまでをサポートします。

妊娠しなかった場合は、お布団は月経として剥がれ落ち、次の妊娠準備に向けて再びエストロゲンが働き出します。
女性の体の中では、こうしてエストロゲンとプロゲステロンが交互に入れ替わっていて、これが28日間の月経周期になっているというわけですね。

プロゲステロンは妊娠・出産をコントロールする大切なホルモンですが、女性にとっては肌荒れやイライラの原因になるホルモンでもあります。

生理前になるとイライラ怒りやすくなったり、ポツンとニキビが出来てしまったり・・・
女性であれば、誰しも覚えがあるのではないでしょうか?
次回は、その理由についてご紹介したいと思います!

この記事の続きを読む≫

生理前のイライラ・肌荒れの原因は?女性ホルモン、プロゲステロン

こんにちは、シンリーボーテのタカ子です。
今日は女性のお肌の調子に深く関係している女性ホルモン、プロゲステロンの働きについてご紹介します。

プロゲステロンは、女性が妊娠して出産するために欠かせないホルモン。
月経周期をコントロールしたり、妊娠を維持して無事に赤ちゃんが生まれるまでをサポートしたりする大切なホルモンです。

ですが、良いことばかりではなく...
生理前の肌荒れ、ポツンと出てくる大人ニキビ、体のむくみ。
こうした女性特有の悩みに深く関わっているのもまた、プロテステロンなんです。

女性の体の中では、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが分泌されており、その分泌量は一定の周期を持って互いに変化しています。

生理前は、プロゲステロンの分泌量が増える時期。
女性の心身は、プロゲステロンの影響を大きく受けます。

プロゲステロンはれっきとした女性ホルモンですが、男性ホルモンによく似た作用も持っていて、お肌の皮脂分泌を活発にします。
だから、肌がいつもより脂性に傾いて、ニキビができやすくなってしまうんですね。
肌が敏感になり荒れやすくなるのも、皮脂量と水分量のバランスが崩れてしまうため。

また、プロゲステロンは妊娠を維持する目的を持ったホルモンなので、受精卵を守るために体に脂肪や水分を溜め込もうとする作用があります。
その結果、体がむくみやすくなったり、便秘になったり、妙に食欲が増したり、ダイエットの効果が出にくくなったりするのです。

プロゲステロンが優位になっている期間は、心身を安定させる女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減るということでもあるので、精神的にもイライラしたり、無気力になってしまったりと情緒不安定になりがちです。

うーん、何とも悩ましいプロゲステロンの作用の数々!

でも、どれも妊娠・出産を無事に果たそうとする目的あってのこと。
体に栄養を溜めるのも、男性的になり攻撃的になるのも、すべては母親として赤ちゃんを守ろうとする女性の体の本能なんだということです。

女性の8割以上が、生理前の不快な症状を経験していると言われていますが、「あ、私は今プロゲステロンの影響を受けてるんだ!」と理解していれば、少しは気持ちも楽になるのではないでしょうか?

女性に生まれた以上、女性ホルモンとのお付き合いは一生もの。
理解を深めて、上手に付き合っていきたいですね。

この記事の続きを読む≫

イソフラボンに代表される女性ホルモン様成分とは

こんにちは、シンリーボーテのタカ子です。

今日は、女性ホルモン様成分についてお話します。
イソフラボンやザクロが、女性の美容や健康に良いという知識は、一般的に広まっていますね。

でも、それはどうして?

答えは、これらが「女性ホルモン様成分」だからなんです。
女性ホルモン様成分とは、女性ホルモンであるエストロゲンと化学構造が似た成分のこと。

女性ホルモンそのものではありませんが、形がよく似ていて、女性ホルモンに近い作用を持っているため、植物性エストロゲンと呼ばれることもあります。

それがよくわかるのが、この化学式。
上が植物から採取したイソフラボンの化学式で、下はエストロゲンの化学式です。

本当によく似ていますよね。
これだけ形がそっくりなんだから、よく似た作用を持っているというのも納得できます。

formula.gif

ここで、エストロゲンの効果をおさらいしておくと・・・

エストロゲンは美容にも関連の深い女性ホルモンで、女性のポジティブな魅力を司っています。
より優秀な異性を惹きつけるために、女性を美しく見せようとするホルモンなんですね。

ですからエストロゲンが分泌されていると、お肌も髪もツヤツヤになり、ボディラインが女性らしさを増し、気持ちは前向きになり、女性としての魅力が存分に輝きます。

そして、構造のよく似た女性ホルモン様成分にも、同様の効果が期待できると。
イソフラボンやザクロが女性の美容と健康に良いと言われているのは、こういった理由なのです。

その美肌効果から、基礎化粧品にも配合されているのは、皆さんご存知のとおり。
シンリーボーテ全製品に配合されているヒオウギエキスも、イソフラボンを高含有する女性ホルモン様成分のひとつなんですよ。

女性ホルモンと上手に付き合って、いつまでも女性としての魅力を失わないようにしたいですね。

この記事の続きを読む≫

ビューティホルモンアップ塾では、体の内から外から、あなたのビューティホルモンをアップする情報をお届けします。

バックナンバー