ビューティーホルモンアップ塾

あったかとろとろ葱グラスープ!

こんにちは、シンリーです。

この冬はほっんと寒いですよねー。風邪をひいている方も多いんじゃないでしょうか?

こんな寒い日や、風邪をひいている方、風邪を予防したい方にピッタリの食材が葱。
葱にはビタミンA、C、カルシウム、βカロチンなどが含まれています。もちろん、葉ねぎと白ねぎでは栄養の含有量が違い、緑色の葉ねぎの方が太陽にあたって育った分、栄養豊富なようです。 また、葱にはタマネギにも含まれている「においの素アリシン」が含まれています。アリシンはビタミンB1の吸収を助けてくれるので、ビタミンB1を多く含む食品と合わせると効果大。 また、アリシンには血行をよくし、疲労物質である乳酸を分解する作用があるので、肩こりや疲労回復にも効きます。今では一年中食べられますが、ねぎは冬の野菜です。冷えた体を温め、疲労回復に効果のある野菜といわれています。 風邪をひいた時は、ねぎと少量の味噌・しょうがに熱湯を注いで飲むと、体が温まり、発汗が促されて熱が下がるといわれています。風邪だけではなく、冷え性の方にも効きそうですね。
 
ということで、今回は旬の食材「葱」。
オニオングラタンならぬ、葱グラタンスープです。オニオングラタンスープみたいに、飴色に煮詰めたりする必要もなく、簡単で体がぽかぽか温まるスープです。

■ 材料 (2人分) 
 
  • ネギ・・・・・・・・・・・・・・・・2本
  • 車麩・・・・・・・・・・・・・・・・2枚(なかったら、食パン1/4)
  • とけるチーズ・・・・・・・・・2枚
  • バター・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
  • コンソメスープの素・・・・1個
  • 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
  • コショウ・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
  • 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・2カップ 
IMG_0997_1.JPG  
■ 作り方
1.ネギは1センチのぶつ切りにする。
2.鍋にバターを入れ中火にかけ、切ったネギを炒める。
IMG_0998_1.JPG
3.ネギに焼き色がついたら、塩・コショウで味付けし、水、砕いたコンソメスープの素を入れ、 5分ほど煮込む。

4.車麩をトースターで1分ほど焼き目がつくまで焼く。 
5.5分ほど経ったら鍋の火を止め、耐熱皿にスープを移す。 焼いた車麩とその上にとけるチーズをのせて、トースターでチーズが溶けるまで焼いたら、完成。
IMG_1002_1.JPG


ビューティホルモンアップ塾では、体の内から外から、あなたのビューティホルモンをアップする情報をお届けします。

バックナンバー

お電話でもご注文いただけます。商品や使い方のお問い合わせもお気軽に!シンリーボーテお客様窓口 フリーダイヤル0120-80-9090 平日(月?金)9:00?20:00 土・日・祝日9:00?18:00