春カラー「ピンク」で女性ホルモンUP!

こんにちは。
シンリーボーテスタッフのミカコです。
東京はそろそろお花見シーズンですね。
今日は春カラーのピンクをテーマにしたいと思います。
2015年春のメイクトレンドはピンクだと言われています。
アイシャドウはスモーキーなピンクで、大人っぽく仕上げるのが今年流。
リップは長いブームとなった赤リップから、
ヌーディ―なピンクが注目されています。

実は、ピンクは女性ホルモンを活性化させてくれる色でもあります。
また、血行を良くする効果や、落ち込んだ気分を明るく導く働きも。
パジャマ、布団カバー、カーテン、化粧ポーチ・・・など、身の回りのものにピンクを取り入れると、女性ホルモンUPにも効果的です。
さて、メイクの話に戻りますが・・・、
毎年トレンドカラーが発表されるものの、
実際には、歳を重ねるほど、自分の「定番カラー」が決まっていることが多く、
あまり”冒険”しない方も多いようです。
私も、以前ピンクメイクが流行った時、アイシャドウを変えてみたところ、腫れぼったいかんじに。会社で「昨日泣いた?」と言われてしまい、大失敗・・・。
結局「定番カラー」が楽だと思った経験があります。
そんな時に簡単に取り入れやすいのがポイントメイク。
ピンクのアイシャドウを目の下にさりげなくオンするのがおススメです。
ピンク色が白目をキレイに見せてくれて、優しげな目元を演出してくれます。
細かいパールが多いものを選ぶとうるうる感もプラス。
ブラウン系やグレー系といった定番カラーとの相性も○です。
目幅いっぱいに入れてしまうより、大人の女性は、黒目の下にさりげなく塗ると普段のメイクにプラスして取り入れやすいですね。
女性ホルモンもUPしてくれるピンクで春メイクを楽しみましょう♪

バックナンバー