化粧水って、手のひらに吸収されてしまわないの?

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

前回のビューティホルモンアップ塾では、化粧品美容効果をアップするハンドプレスについてお伝えしました。
この話を友人にしたところ…
「でも化粧水が全部手のひらに吸い込まれちゃいそうで、もったいない気がする!」
という感想が返ってきました。
確かに、そう考えるのも無理はないですよね^^;
スキンケアしていて、「せっかくの化粧水やクリームが、全部手のひらに取られてしまうんじゃないか」と心配したことのある女性は、きっと彼女の他にもいらっしゃると思います。
というわけで、今日は手のひらの角質層についてお話します!


実は手のひらの角質層ってとても厚い!のです。

人間の体の中で、最も角質層が厚いのは足と手のひら。
通常、皮膚の角質層は10層に満たない程度ですが、手のひらの角質層は約50層、足にいたっては約100層あると言われています。
単純計算しても、手のひらの角質層はお顔の5倍くらいあるということになりますね。
足はわかりますが、手のひらの角質層が厚いって、なんだか意外な気がします。
※ちなみに角質層が厚いのは手のひらだけで、手の甲の角質層は顔とそう変わらない厚みだそう。
つまり何がお伝えしたいかというと…
手のひらの角質層はお顔よりもずっと厚いので、そう簡単に化粧水を吸収はしない、ということです。
お顔の皮膚のほうが吸収力が高いので、手のひらで付けた化粧水はお顔のほうに吸収されていきます。
ですから「手に吸い込まれてもったいない!」と思わず、安心してハンドプレスしてくださいね。

バックナンバー