美味しく食べて女性ホルモンを整える!ナッツで食べるエイジングケア

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

先日まで女性ホルモンバランスが崩れるとはどういうことかについてお話してきましたが、今日は女性ホルモンバランスを整えるのに効果的な食材をご紹介します。
食生活も女性ホルモンに影響を与える大きな一因。
同じ食べるなら、女性ホルモンバランスに良い食材を選んで食べたいですよね。


さてさて、手軽に食べられて女性ホルモンバランスを整えるのにも効果的な食材…

その代表選手はナッツ類!
ナッツは、女性ホルモンバランスを整えるのに効果的なボロンとビタミンEを豊富に含む食材です。
なんだか聞き慣れない名前ですが、ボロンとはミネラルの一種。
アメリカ農務省より、女性ホルモンのひとつエストロゲンの働きを活性化させる効果が認められたことで注目を浴びました。
野菜ではキャベツに豊富に含まれていることから、キャベツでバストアップするなんて話題になったこともあります。
でも…ボロンに胸を直接大きくする効果があるなんて発表はされていませんからご注意を^^;
エストロゲンには女性らしいボディラインを作る働きもありますから、ボロンでエストロゲンが活性化することで、結果的にメリハリのあるボディラインを期待することはできるかもしれませんね。
そしてお次はビタミンE。
「若返りのビタミン」と呼ばれ、エイジングケアに嬉しい効果が満載のビタミンです。
まず特筆すべきは、その強力な抗酸化作用。
抗酸化とは、細胞が老化する原因となる活性酸素を除去する働きのこと。
つまり、老化を防止してくれるということですね。
ビタミンEは若返りのビタミンの名にふさわしく、数あるビタミンの中でも最も強い抗酸化作用を持っています。
血行を促進してターンオーバーを正常にする働きもあるので、肌荒れにも効果的。
それだけでなく、ビタミンEはもともと不妊研究の過程で発見されたビタミンで、体の生殖機能とも深い関わりがあります。
女性ホルモンを分泌する卵巣にはビタミンEが高濃度で蓄えられており、ホルモンバランスの調整を担ってます。
ホルモンバランスの乱れから起こる更年期障害にも、ビタミンEの摂取が効果的であることが知られています。
こんな風に、ビタミンEは女性ホルモンとも深いつながりがあるんですね。
美肌作りに役立つだけでなく、女性ホルモンバランスまで整えてくれるなんて、まさにエイジングケアのためのビタミン!
エイジングケア世代には、ぜひ積極的に摂りたいビタミンです。
ボロンやビタミンEは、普段の食事から必要量を摂るのはなかなか難しいのですが、ナッツなら両方を一度に摂取できて効率的。
適量はナッツの種類にもよりますが、1日に片手に軽く握れるくらいの量を目安に。
ただし、加工品は油分や塩分が多いので、できれば素焼き・無塩のものを選びましょう。
ナッツは食物繊維が多くて腹持ちがよいので、間食にもぴったり。
美味しく食べて、体の中からエイジングケアしてくださいね。

バックナンバー