夏の乾燥注意報!日焼け後の肌は水分不足の状態です

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

夏休みムードもそろそろ終わりに近づいてきましたが、皆さん、夏は楽しまれましたか?
お子さんと海やプールへ行ったり、旅行へ行った方もいらっしゃるかと思います。
でも今年の陽射しは、いつにもまして強烈!
お出かけ後の日焼けが気になります。
日焼けは事前に防ぐこと、日焼けした直後にしっかりアフターケアをすることが一番ですが、そうは言っても、うっかり焼けてしまうこともありますよね。
もう肌が黒くなったその後はどうしたらよいのか?
今日は、日焼けしてしまった後のケアについて、気をつけたいポイントをお話します。

日焼けしてしまったら忘れてはならないこと…

それは、日焼け後の肌はとても乾燥しているということ。

日焼けは紫外線による火傷の一種なので、肌は炎症を起こした状態。
その熱を放出するために、水分を蒸発しやすくなっているのです。
もし肌の赤みが強くヒリヒリする時は、まだ炎症がひどい状態。
まずは冷やして肌の炎症を鎮め、赤みや痛みがなくなるまで待ちましょう。
スキンケアを頑張るのはそれから。
日焼け肌は紫外線ダメージによりバリア機能が弱くなっているので、肌が敏感になっています。
いつもの化粧品が刺激になることもありますから、化粧品は低刺激なものを使い、パックなどの集中ケアは控えましょう。
炎症が治まってきたら、今度は水分補給。
日焼けでどんどん失われていく水分を、しっかりお肌に与えてあげましょう。
ここでスキンケアを怠ると、夏の肌ダメージが後からシワやシミとして現れてきます。
一度出来てしまったシワやシミを消すのは簡単ではありませんから、今のうちにケアすることが大切です。
また、日焼け後は体が脱水気味になるので、体の内側からの水分補給も忘れずに。
メラニンの生成を抑えるビタミンCも、積極的に摂るようにしましょう。

バックナンバー