夏本番でシミを増やさない、4つのスキンケア習慣

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

肌にできてしまったシミやそばかす、鏡を見る度に気になってしまいますよね。
でも、一度できたシミを消すのは簡単ではありません。
美白ケアを始めたとしても、根気も時間も必要です。
だからこそ、新しいシミを作らない、増やさないことも大切。
紫外線の降り注ぐこれからの季節は、特にシミができやすい危険な時期。
今日は、シミを防ぐためのスキンケア習慣についてお話します。


シミの原因は、メラニンを作り出す細胞メラノサイトが、何らかの原因により過剰に活動するようになり、肌のターンオーバーが追いつかないほどのメラニンを作り出すことです。

ですから、シミを作らないためには、メラノサイトを刺激しないことが第一。
そのために気をつけておきたい、4つのポイントをご紹介します。
(1)シミ対策にUVケアは必須!
メラノサイトが過剰活性する原因はいくつかありますが、一番はなんといっても紫外線!
UVケアは必須です。
紫外線ダメージはシミだけでなく、シワやくすみ、乾燥など、肌老化を次々と引き起こすやっかいなもの。
未来の肌を守るためにも、日焼け止めはしっかり使いましょう。
でも、正しい使い方をしないと、日焼け止めも十分な効果が発揮できません。
日焼け止めの上手な塗り方については、こちらも参考にしてくださいね。
(2)物理的な刺激をなくす
肌への刺激は紫外線だけではありません。
手で触れたりタオルでこすったりなど、物理的な摩擦ももちろん、直接的なダメージになります。
特に洗顔やクレンジングの時、ゴシゴシこするクセのある人は、要注意!
シミができやすい肌質を自ら作ってしまうようなものです。
赤ちゃんの肌を洗うような気持ちで、優しく、優しく触れましょう。
(3)夏こそ保湿!乾燥対策はしっかりと
夏は汗や湿気で、肌が潤っていると錯覚しがち。
その結果、化粧水の量を減らしたり、クリームを使わなかったりと、保湿がおろそかになってしまうことがあります。
でも、夏の肌は思っている以上に乾いているもの。
エアコンの乾燥や、室内外の温度差などにさらされて、常に乾燥と隣合わせの状態なのです。
乾いたのどを潤すように、肌にもたっぷり水分を与えてあげてください。
しっかり水分を補給しないと、ターンオーバーが乱れて色素が沈着し、受けた肌ダメージがシミとして残ってしまいます。
(4)体の中からもシミ対策
体調の乱れは、ターンオーバーの乱れにつながります。
ターンオーバーが乱れると、肌細胞の生まれ変わりがうまくいかず、メラニンが肌に残ってしまいます。
これを防ぐためにも、体の中からもシミ対策しましょう。
ターンオーバーを整える成分といえば、やっぱりビタミン類。
ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンCなどを積極的に摂るようにしましょう。
また、飲酒や喫煙は体内のビタミンを減らしてしまいますので、これらの習慣はほどほどに。
以上、シミを増やさない4つのポイントをお届けしました。
肌の美しさは、日々の積み重ねの集大成。
細く長く、肌が喜ぶ良習慣を続けていきましょう。

バックナンバー