その肌、インナードライかも!?暑い日でも保湿クリームはサボらないで!

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

汗をかくような暑い日は、ついスキンケアを簡単に済ませてしまいたくなりますよね。
乾燥していないし、今日は化粧水だけで済ませちゃおう、なんてことありませんか?
でもこれ、とっても危険なんです!

夏は汗で肌がベタつきやすく、湿気も多いので、肌の乾燥を感じにくく、ついつい肌が潤っているように錯覚してしまいます。
でも、潤っている気がするだけで、肌が本当に保湿されているとは限りません。
肌表面は皮脂でベタつくのに、内側は水分不足でカラカラになっている…
いわゆるインナードライの状態になりやすいのです。
これは、言うなれば隠れ乾燥肌。
早く水分を与えてあげないと、乾燥による肌トラブルを招いてしまいます。
皮脂と水分のバランスが崩れて大人ニキビが発生したり、毛穴が開いたり。
水分量の少ない肌は紫外線に対する防御力も低いので、そこに夏の紫外線ダメージが加わると、まさに泣きっ面に蜂状態!
夏が明けたらシミやシワが急増、なんてことにもなりかねません。
対策は、汗をかくから、肌がベタつくからといって化粧水の量を減らさないこと。
そして、せっかく補給した水分が逃げてしまわないよう、夏であっても保湿クリームはちゃんと使いましょう。
夏の肌はエアコンや紫外線の影響で、自分で思っている以上に乾燥しやすい状態。
保湿クリームで蓋をしないと、どんどん水分が逃げてしまいます。
秋になってから慌てないよう、夏も丁寧な保湿を心がけてくださいね。

バックナンバー