日焼け止めを上手に塗る3つのポイント

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

東京は蒸し暑い日が続き、早くも夏の気配を感じさせます。
皆さん、紫外線対策は万全でしょうか?
今日は日焼け止めの効果的な塗り方をご紹介します。
塗り方ひとつで、効果もお肌への影響も変わるんですよ。
外出前にちゃちゃっと適当に塗っているだけ、なんて人は、ぜひチェックを!


日焼け止めを上手に塗るポイントは3つ。

(1)スキンケアで肌を整えてから塗る
(2)ムラなく塗る
(3)顔の高い位置には重ね塗りする
です。
ひとつずつ解説しますね。
まずひとつめ、スキンケアで肌を整えてから塗る
日焼け止めは油分が強いので、素肌への負担は軽くはありません。
水分不足の肌に付けてしまうと油分過多になり、肌トラブルを招く原因になります。
日焼け止めを塗る前に、しっかりスキンケアして肌状態を整えておきましょう。
ふたつめは、ムラなく塗ること
日焼け止めは、塗った部分の紫外線しか防いでくれませんから、隙間があると、そこから紫外線が当たってしまいます。
肌に隙間ができないよう、しっかり肌全体をガードしましょう。
この時、くれぐれも注意したいのが、ムラなく塗ることと薄く塗ることはイコールではないということ!
日焼け止めの適量は1平方cmあたり2mg、と定められているのですが、これは私たちが思っているよりもけっこう多い量なんです。
目安は、顔全体で500円玉大ほど。
最近の日焼け止めは伸びの良いものも増えていますから、1円玉くらいで済ませてしまっている方もいるのではないでしょうか?
でも、あまりに量が少ないと、せっかくの日焼け止めも効果を発揮しきれません。
少し多いかな?というくらいの量を使うように心がけてくださいね。
最後は、顔の高い位置、つまり鼻や頬の部分は重ね塗りすること
これはなぜかと言うと、高い位置ほど日光が当たりやすいため。
頬にシミを残さないためにも、重ね塗りでしっかりガードしましょう。
以上、日焼け止めを効果的に使う3つのポイントでした。
せっかく日焼け止めを使うのですから、正しい塗り方で、万全の効果を引き出してくださいね。

バックナンバー