生命の源『水』にこだわる

こんにちは!シンリーボーテスタッフのルミ子です。

普段、何気なく飲んでいる『お水』。

みなさんはお気に入りのお水はありますか?

私はその時の体調やシーンで常飲している水がいくつかあります。

フィトテラピー(植物療法)を学んでいたときに、

人間の体全体の水分量は60%、なんと体重の三分の二は

水が占めていることを知りそれ以来、自分が摂取する水に

興味を持つようになったのがきっかけです。

 

みなさんが思い浮かべるペットボトルで売られているミネラルウォーター

ですが、じつはこれはいくつか種類があります。

 

コンビニやスーパーで販売されているミネラルウォーターは、

その処理方法に よって大きく3つに別れます。

 

ミネラルウォーター

沈殿、濾過、加熱殺菌、原水のブレンド、ミネラル成分の調整、

オゾン殺菌、紫外線殺菌、ばっ気(水に空気を送り込んで溶け込ませること)

などによる処理をおこなったもの。

 

ナチュラルウォーター

沈殿、濾過、加熱殺菌意外の処理をしないもの。

 

ナチュラルミネラルウォーター

鉱泉水、鉱水などミネラル成分が溶け込んだ水を沈殿、濾過、

加熱処理以外の処理をしないもの。

 

ボトルドウォーター

規定なし(ボトルに詰めてあればよい)

 

この他にも水そのものの原水は、湧水や鉱泉水、温泉水など7種類もあります。

この水の違いは、ペットボトルのラベルに記載されている品名を見れば処理方法が分かります。

 

この他にみなさんもご存知の硬度やpHなどの記載もあり、

それぞれ好みが別れるのではないかと思います。

 

私個人の好みは軟水でまろやかなタイプなので鹿児島の温泉水を

常飲しています。

少し疲労感があったり、運動をする際はドイツのスパークリングタイプ

のお水やアルカリイオン水を積極的に摂るようにしています。

(なかなかこのドイツのスパークリングタイプが手に入れづらいのですが)

 

シンリーボーテのスキンケアラインの原材料のひとつである水も、

実はとてもこだわっているんです。

 

細菌や塵はもとより、パイロジェンという、細菌から出される

代謝物などで、体内に入ると発熱の原因となる物質も取り除き、

多くは医薬品レベルで使用される、限りなくHOに近い水

「超純水」を使用しています。

 

不純物を極限まで取り除いているため、肌への安全性が

より一層担保されているんですね。

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓ 

 

バックナンバー