歯茎もアロマでエイジングケア

口元.jpg

こんにちは!シンリーボーテスタッフのルミ子です。

 

三十代後半になると、肌や髪の毛の変化に気づきはじめるときですが、歯茎の衰えを気にされたことってありますか?

 

私のまわりには歯周病や歯槽膿漏で悩む方が多いのが現実。

やはり定期的に、かかりつけの歯医者さんにメンテナンスしてもらうのが1番ですが、ご自宅で毎日のオーラルケアに取り入れていただきたいのが、アロマソルトでの歯茎マッサージ。

 

本日はアロマソルトを使った歯茎マッサージについてご紹介しますね。

ひどい虫歯や歯槽膿漏をアロマでケアというのは限界があります。

ですが、軽い歯肉炎や普段からのケアで予防するのは自然の力が凝縮されたエッセンシャルオイルでも十分効果があります。

 

炎症を抑える作用や抗菌作用のあるエッセンシャルオイルをチョイスして、天然の粗塩と混ぜればオーラルケア用のアロマソルトの出来上がりです。

 

これでいつもの歯磨きの後に、直接歯茎につけてマッサージする習慣をつけてもらえれば、健康で引き締まった歯茎を保つことができます。

 

『オーラルケア用アロマソルト レシピ』

 

・天然の粗塩     30g

・ティートリー精油  4

・レモン精油     5

・サイプレス精油   6

 

これらをよく混ぜたものを容器に詰めて使用します。

 

このご紹介したティートリー、レモン、サイプレスは抗菌作用において抜群の精油です。

 

レモンには血流促進や止血作用があり、なんといっても口に入るものなので爽やかなこの香りは外せませんね。

しかもレモンとサイプレスの相性は抜群で、じつはメンタルや身体的にも効果効能が高いオススメなペア。

 

いかがでしたか? 歯茎もアロマの自然な力でエイジングケアをしていきたいですね。

バックナンバー