意外なことがイライラの原因に?!女性ホルモン特有の症状とは

こんにちは。シンリーボーテスタッフのミカコです。
先日TVを見ていたら、更年期障害や若年性更年期障害を取り上げていて、職業柄(笑)、見入ってしまいました。
更年期障害とは、閉経前の女性に訪れる、女性ホルモンバランスの乱れからくる身体的・精神的不調のこと。
また、若い女性でも、ストレス・不規則な生活などで女性ホルモンが乱れ、更年期障害と同じような症状が出てしまうことを、若年性更年期障害と呼びます。
症状が多岐に渡るので、他の病気との見極めが難しいとの言われますが、その症状の代表格が”イライラ”。

番組の中では、ある女性タレントさんを例に、「イライラを引き起こす意外な原因」を紹介していました。
●泣くこともイライラの原因に
泣くことはストレス発散に良いのでは?と思いがちですが、更年期の場合は逆。泣く行為自体がストレスになってしまいます。
感情のコントロールが難しくなると、泣いた後に「なんで泣いてしまったんだろう・・・」と自己嫌悪に陥ってしまうことも。
●初対面の人と接するのもイライラの原因に
普段イライラを表に出さない人の場合、人に対して気を遣いすぎる傾向があります。初対面の人には、特に気を遣ってイライラしてしまうのです。
●他人に触られるのもイライラの原因に
更年期の女性にとっては、男女問わず他人に体を触られることがストレスに。美容室やマッサージでもストレスを感じてしまうかもしれません。
●褒められることもイライラの原因に
若い頃と容姿が変わったことにコンプレックスを感じている場合、「キレイですね」といった褒め言葉にもイライラしてしまうことがあります。
今までは気にならなかったことにイライラしていると感じたら、危険信号です!
その他に、子どもの入学や、夫の昇格など、一見おめでたいことでも、イライラの原因になることがあります。
「おめでたいことなのに、イライラしてしまうなんて・・・」と自分を責めてしまい、更なるイライラの悪循環に陥ってしまう可能性も。
女性ホルモンバランスが乱れているとき、人と接することや環境の変化がよりストレスになりやすいのは、仕方がないことです。
この番組では、イライラ解消法として「貧乏ゆすり」や「ため息」を紹介していましたが、そのような解消法を活用したり、女性ホルモンバランスを少しでも安定させるよう食事などを工夫したりして、上手に辛い時期を乗り越えていきたいですね。

バックナンバー