『お肌によく浸透する』って、実は怖いこと?!

こんにちは。
シンリーボーテスタッフのミカコです。
私たちは、日々お客様から様々なお声を頂戴しています。
ケアに関するご質問、喜びのお声、お叱りのお声・・・
その中でも、今日はよく頂く質問をご紹介いたします。
それは、
『シンリーボーテ「ディープモイストセラムローション」
を使っていて、お肌に浸透しにくいのですが・・・』
というご質問です。

「ディープモイストセラムローション」はとろみのある美容液化粧水。
このとろみがお肌にとどまって、少しずつお肌に浸透していきます。
また、初めてお使いの方や、お肌の角質がきちんと取り除かれていないと、
なかなか浸透しないように感じられることがあります。
その場合は、
余分な角質をしっかり取り除いてからお使いいただきますと効果的です。
と、ここまではよく回答させて頂く内容なのですが・・・
肌によく浸透すると謳っている化粧品・乳液と、
シンリーボーテ「ディープモイストセラムローション」には、
決定的な違いがあるんです。
それは、合成界面活性剤を使用しているかどうか。
合成界面活性剤の特徴の一つが、皮膚浸透性の強さ。
一見良いことのように思えますが、
浸透する過程で、皮脂膜を取り除き、角質層の細胞膜脂質を溶かしていきます。
継続しているとバリアゾーンが破壊され、
必要な皮脂や水分がどんどん流失。
慢性的な乾燥肌・敏感肌になってしまうのです。
それでも、すーっと浸透していく感覚が得られるので、
多くの化粧品に使われています。
シンリーボーテでは、肌へ限りなく優しいものを使いたい、
という強いこだわりから、合成界面活性剤を一切使っていません。
浸透しにくい、と感じるのは、自然なこと。
少しずつお肌を変えていきましょう、という考え方です。
1本使ってみて、効果を感じられない・・・と思っても、
まだ目に見えないだけで、お肌は少しずつ変わっています。
ぜひ、諦めないでケアを続けて頂けると幸いです!
ケアをしている中で、何かご不明点等が出てきた時は、
気兼ねなくお客様相談室までお電話くださいね!

バックナンバー