未恋女子に朗報!女性ホルモンUPのために無理に恋愛しなくてもよい理由【前編】

こんにちは。
シンリーボーテスタッフのミカコです。
11月に入り、雑貨屋さんなどでは、クリスマスグッズを見掛けるようになってきましたね。近年は、クリスマスをシングルで過ごす”おひとりさまクリスマス”が注目されいて、高級ホテルでは、おひとりさま向けクリスマスプランまで登場しています。
“クリスマス=恋人と聖なる夜を過ごす”なんていうのは、もはや古い固定概念なのかもしれませんね。

明治安田生活福祉研究所の調査によると、20代未婚女子の半数が「彼氏がいない」と回答。30代では、7割が「彼氏がいない」と回答しているそうです。そんな中、合コンや婚活などに励む女子がいる一方で、「未恋女子」と言われる人達も増えているようです。
未恋女子とは、「別に恋愛なんてしなくても、楽しいし・・・」と考え、恋に対して興味を持たない女性のことで、こんな特徴があるそうです。
●今の生活に満足していて男性に興味がない
●一緒にいて楽しい男性がいない
●女子会が一番落ち着く
●人間関係の疲れから、恋愛する気になれない
●SNSで不特定多数の人とつながってるが、表面的な付き合いが当たり前
●深い仲になるのが怖い
SNSや女子会ブーム、バリキャリ女性の増加など、今の時代の流れを考えると、時代に合った女性の姿とも言えるかもしれませんね。
さて、増加する未恋女子について、女性ホルモン的に考えてみましょう。
巷では、女性ホルモンをUPさせる方法の一つとして、「恋愛する」という項目が挙げられることが多いですよね。
恋愛をすると女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が活性化されるのは事実ですが、心と体の仕組みは、「恋愛=女性ホルモン」と直結するほど単純ではありません。
そのメカニズムを紐解くと「女性ホルモンUPのために恋愛しなきゃ」と無理に考える必要はない、という答えが見えてきます。
ちょっと長くなってしまったので、続きは次回!
無理に恋愛しなくても女性ホルモンがUPする理由をお話ししますね。

バックナンバー