紫外線は足元からも、あなたの肌を狙っている!

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

最近は、日傘をさして町中を歩く女性の姿もポピュラーなものになりました。
昔はもっと少数だった気がするのは、私だけでしょうか?
日傘をさしていれば、紫外線対策は万全!
と思いたいところですが・・・
紫外線はモノに反射するというのは、よく知られた話。
日焼けとは一見、縁のなさそうな真冬のスキー場で日焼けしてしまう雪焼けが、
紫外線が雪に反射して起こるということは有名ですよね。
紫外線の反射率は、地表の状態によっても異なります。
気象庁の案内によると、地表面での紫外線の反射率は次のとおり。


●雪 ・・・ 80%

●砂浜 ・・・ 10?25%
●アスファルト ・・・ 10%
●水面 ・・・ 10?20%
●草地・土 ・・・ 10%以下
こうして見ると、雪の紫外線反射率は断トツ!
冬は紫外線が少ないとはいえ、足元から80%もの紫外線が反射されるとなると、
スキー場で日焼けしてしまうのも、うなずけますね。
アスファルトからの紫外線反射率は10%。
雪に比べればだいぶ少ないものの、
夏場は紫外線そのものが強いので、長時間外を歩く時には油断できません。
アゴの下やデコルテなど、日焼け止めを塗り忘れやすいポイントに、
足元からの紫外線が直撃!なんてことのないように気をつけてくださいね。
また、砂浜や水面は紫外線の反射率がアスファルトよりも高めです。
いずれもビーチやプール、リゾート地など、夏に訪れることの多い場所ばかり。
こうした場所では、反射によっていつもよりたくさんの紫外線を全身に浴びることになるので、
お顔だけでなく、ボディまでしっかり、日焼け止めでUVケアをしておきましょう。
なお、ビューティーホルモンアップ塾でも何度かお伝えしていますが、
日焼け止めのSPF値は、紫外線を防ぐ効果の強さではなく、「効果の持続時間」を示すもの。
SPF50の日焼け止めを塗っていたとしても、
汗や水で流れてしまったら意味がありません。
リゾート地やアウトドアでは、SPF値の高さよりも、
日焼け止めをこまめに塗り直すことのほうが大切です。
まだまだ続く夏の陽射しから、上手に美肌を守ってくださいね!

バックナンバー