目元・口元のスペシャルケアに!ベタつく夏のクリーム活用法!

こんにちは。シンリーボーテスタッフのミカコです。
気温と湿度が上がってきて、夏本番ももうすぐそこだと感じます。
夏のスキンケアでは、クリームが重く感じて、ローションだけで済ます方もいらっしゃるかもしれませんね。ジメっとしているので気付きにくいのですが、夏はお肌が”砂漠状態”と称されるほど乾燥しています。
室内では冷房、外では強力な紫外線の影響で肌はカラカラ。扇風機の風を浴びるだけでも乾燥につながると言われています。なので、夏も保湿はしっかり行いたいところなのですが・・・、いかんせんジメジメしていて、ローションを塗った後、クリームを顔全体に塗るのはちょっと・・・という時もありますよね。
そんな時に私は、シンリーボーテ「モイストリッチクリーム」をアイクリームとして使っています

目元の皮膚はとてもデリケート。その厚さは卵の薄皮程度と言われています。しかも保水力が低く、皮脂腺もないので、刺激に弱い部分なのです。乾燥しやすく、しかも薄いのでシワになりやすい、と聞けば目元の保湿ケアを念入りにしなくてはいけないのも納得ですよね。
さらに、目元は紫外線対策の死角ともいえる場所。
顔全体にまんべんなく日焼け止めを塗っているつもりでも、目元に塗るのは避けていませんか?日焼け止めは刺激が強いと考えて、敏感な目元には塗っていないことも。元々刺激に弱い箇所なのに、紫外線を無防備に浴びている状態に!しっかり保湿ケアするのと併せて、日焼け止めの刺激が心配な方は、刺激の少ないものを選び、目元にもぬかりなく紫外線対策をするのがベストです。
目元にクリームを塗る時に気を付けたいのが、塗り方です。
塗り方を間違うと、逆にシワを作る原因にもなるので要注意!マッサージしようとして、引っ張ったり、強く押したりするのは皮膚が伸びてしまうので絶対にNGです!
摩擦力が強いとシワになるだけでなく、毛細血管を傷つけ、血行不良になることも。また、角質層へダメージを与え、水分保持力を低下させてしまうこともあります。
クリームは、指の腹を使って優しく置くようなイメージで塗っていきましょう。「モイストリッチクリーム」は最初硬めで、肌に置くとスルっとするテクスチャーなので、アイクリームとしての使い勝手がバッチリ。もちろん、目のキワまで安心して塗っていただけます。
ちなみに、目元だけでなく、口元のスペシャルケアとしても使っているスタッフもいます。法令線といったエイジングサインが出やすい口元。法令線は、紫外線や乾燥などの影響で、夏が終わった時に濃く出やすい傾向に。しまった!と後悔することがないよう、夏も特にしっかりとケアしたい部分ですよね。
お肌を老けさせると言われる夏。エイジングサインの出現を抑える対策をしているかどうかで大きく差が出ます。ムシムシした日でも、クリームの部分使いなら、ストレスなくケアすることができるので、是非やってみてくださいね!

バックナンバー