紫外線対策は春からスタート!出遅れ日焼けに気をつけて

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

そろそろ4月も終わりですが、皆さん紫外線対策はもう始めていますか?
紫外線対策といえば夏のイメージがありますが、
実は春から紫外線はどんどん増えています。
5月は、2種類ある紫外線のうちUVA量がピークになる時期。
夏からでは・・・遅いんです!


紫外線にはUVAとUVBがありますが、

地上に届く紫外線の9割以上はUVA。
つまり、紫外線対策ではUVA対策が重要だということになりますね。
このUVAがやっかいなのは、お肌の奥まで侵入すること。
表面を日焼けさせるのではなく、お肌の内部にダメージを与えてしまうのです。
お肌内部にダメージを受けるということは、
乾燥、シワ、シミ、たるみ・・・などなど、あらゆる肌トラブルの原因になるということ。
要はお肌を老化させる最も大きな原因になります。
そして、このUVA量が増えるのが、夏からではなく5月・6月あたりなんです。
もし、この時期に紫外線対策をしていなかった場合、
夏になるまでの約2ヶ月間、お肌はUVAに対して無防備な状態。
2ヶ月間、紫外線のダメージを受け続けたお肌がどうなるか・・・
考えただけでもゾッとしてしまいますよね。
まだ春だからと油断していると、
紫外線をたっぷり浴びて、肌老化を進ませてしまいます。
日焼け止めやUVカット効果のある下地・ファンデーションを使う、
1日の終わりには、紫外線を浴びたお肌をたっぷり保湿でいたわってあげるなど、
春の今から、紫外線対策には気をつけてくださいね。

バックナンバー