花粉症シーズンの肌荒れ、実は花粉も関係してます!

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

わりと最近、花粉症デビューした私、今年も花粉に苦しんでいます・・・^^;
花粉症の方で、花粉の季節は肌まで荒れる、という方いませんか?
花粉とお肌、一見、無関係のようにも思えますが、実はそうでもないんです。


そもそも、花粉症というのはアレルギーの一種。

花粉という異物に対して、体が過剰に反応してしまうために起こります。
同じくアレルギーのひとつなのが、アトピー性皮膚炎。
私はアトピーとは子供の頃からのお付き合いなのですが、
かゆみや、赤い湿疹が出たりします。
花粉症では、抗ヒスタミン剤という種類の薬が病院で処方されますが、
アトピーや蕁麻疹(じんましん)の治療でも、抗ヒスタミン剤が処方されることがあります。
つまり、原因が同じってことですよね。
実際、私は花粉シーズンになるとお肌がムズムズすることが多いのですが、
今年は花粉症の薬を飲むと、かゆみも治まりました。
皮膚科の先生に聞いてみたところ、
アトピーの人には花粉症になる人がとても多いのだとか。
花粉症で、花粉シーズンは肌荒れがひどくなると感じる方、
アトピーで、花粉シーズンは症状がひどくなると感じる方、
どちらも場合も、肌荒れの原因は花粉かもしれません。
最近は、花粉により肌が炎症を起こしたり、湿疹ができてしまうことが知られてきて、
「花粉症皮膚炎」という名前でも呼ばれています。
花粉で肌荒れしているお肌はバリア機能が落ちて敏感になっているので、
スキンケアも低刺激の化粧品を使わないと、ますますお肌が荒れてしまうことも。
お肌に優しいスキンケアを心がけるか、
なかなか良くならない場合は、一度、病院で相談してみてくださいね。

バックナンバー