帰宅後すぐに洗顔習慣で花粉対策!

こんにちは!
シンリーボーテスタッフのミカコです。
いよいよ、花粉症シーズンが始まりますね。今や日本人の約25%が花粉症と言われています。
私もその一人で、鼻はグスグス、目はかゆーい!
薬の服用など対策をしている方も増えていますよね。
今日は花粉対策の一つとして、「洗顔」にスポットを当ててみたいと思います。

この季節、外出すると体中に花粉が付着します。その花粉を室内に持ち込まないのが第一。上着類は玄関で脱いで室内に入れない等、服に関しては意識している方が多いかもしれませんね。しかし、服でガードされていない顔にも同様に花粉が付いていることは、意外と見落としがちです。
風邪予防で、帰宅後すぐに「うがい・手洗い」をしに洗面所へ向かう方が多いかと思いますが、花粉症の方は「うがい・手洗い」+「洗顔」で、顔に付いた花粉もしっかり落としてあげましょう。
花粉症のムズムズ予防の意味合いもありますが、刺激物を除去してお肌を守る観点からも、帰宅後すぐ洗顔するのが大切です。
肌の状態はいつもより敏感になっているので、やさしく丁寧な洗顔を。特に力加減には注意しましょう。どの位の力加減が良いかというと、「うすはりグラス」を扱うときの慎重なかんじがベストです。「うすはりグラス」って、そーっと触りますよね。その感覚で洗顔すると、肌へ負担をかけずに洗うことができます。
私は、洗顔中つい力が入ってしまった時、「いかん!うすはりグラス、うすはりグラス・・・」と頭の中で唱えています。
また、注意したいのが、お湯の温度。
洗顔の適温は30?32℃と言われています。なぜかというと、これより高温になると、肌にとって必要な皮脂が溶け出してしまうからです。皮脂と水分のバランスが悪くなり、肌の乾燥を引き起こします。ただでさえ、肌トラブルが増えがちなこの季節。温度を間違うと自ら乾燥肌に導いているようなもの。意識して気を付けたいですね。
帰宅後って、バタバタしていて、すぐに洗顔するのはちょっと面倒・・・と思うかもしれませんが、するとしないとでは大違いです。花粉症の方は、”帰宅後すぐ洗顔習慣”トライしてみてくださいね。

バックナンバー