くちびるの乾燥にお悩みの方へ!

こんにちは!
シンリーボーテスタッフのミカコです。
先日、友人との会話の中で、その友人が「くちびるの乾燥に悩んでいる」という話になりました。私も同じ悩みを経験したことがあり、様々なリップクリームを試してもなかなか治らず辛い思いをしました。この季節、このお悩みを抱えている方も少なくないはず・・・、今日のテーマは「くちびるの荒れ・乾燥」にしたいと思います。
なぜ、くちびるは荒れたり乾燥するのでしょうか?その原因とケアを考えてみましょう。


◆外部の乾燥・体内の水分不足
くちびるは角質層がないので、肌と比べてとても乾燥しやすい場所。湿度が低くなるとすぐに乾燥し、かさついたり皮がむけたり、ひび割れたりします。また、外部の乾燥だけでなく、体内の水分不足もくちびるに表れます。お酒を飲んだ後に、くちびるが乾くのを感じたことはありませんか?それは、体が水分を欲しがっている証拠なのです。
◆刺激に負けている
角質層と同様に、くちびるには皮脂膜がありません。そのため、刺激にとても敏感。紫外線や食品の刺激で荒れてしまったり、口紅やリップクリームにかぶれてしまうこともあります。口紅が合わない場合、メーカーを変えてみるのも一つの手ですが、特定の色素にかぶれている場合もあるので、色を変えるだけで改善されることもあります。また、どんなリップクリームも合わない人は、刺激の少ないワセリンを保湿に利用することをおススメします。更に、意外な原因としては、歯磨き剤の成分にかぶれてしまうこともあるので要注意。
◆ビタミン不足
細胞の成長を促し、粘膜を保護する働きがあるビタミンB2が不足すると、粘膜の抵抗力が低下し、くちびるのトラブルを引き起こしやすくなります。ほうれん草、卵、乳製品、レバー、納豆といった、ビタミンB2を多く含む食材を意識的に摂取しましょう。
◆胃腸の疲れ
くちびるの端に吹き出物が出来たときは、胃腸がお疲れモードの可能性が。脂肪分や刺激物を避け、食生活のバランスを見直してみましょう。睡眠不足も胃腸の働きを弱めてしまうので、しっかり睡眠をとってくださいね。
◆貧血が隠れていることも!
口角が切れやすい、くちびるがすぐ乾く、くちびるのシワが深い、といった人の中には、貧血が原因になっていることもあります。症状が慢性的に続くようなら、貧血検査を一度してみた方が良いかもしれません。
◆くちびるをなめるクセはNG
くちびるが荒れていると、どうしてもくちびるをなめてしまいがちですよね。でも、唾液が蒸発することで乾燥を促進し、荒れているところに刺激を与えてしまうことにもなるので、くちびるをなめるクセがある人は意識的になおしましょう。
ラップパックなどの保湿ケアも効果的かもしれませんが、乾燥・荒れの根本の原因を見直してみるのも大切ですね。

バックナンバー