“牧場の泡”が秘める美肌パワーとは?!

こんにちは!
シンリーボーテスタッフのミカコです。
暦の上では立春ですが、まだまだ寒い日が続きますね。
今日は少し早い春の話題です。
春先、カリフォルニアを中心とした北アメリカ地域の牧場で、大地が白い泡のような花に埋め尽くされる光景が見られます。この花の名前は、メドウフォーム。”牧場の泡=Meadow Foam”と称されています。


meadow_foam003-thumb-200x133-350.jpg

実は、このメドウフォームの種子油には、高い美肌効果が秘められているのです。
まず一つが、高い保湿効果。お肌に薄い皮膜を形成して水分の蒸発を防いで乾燥から肌を守り、その保湿は長時間持続すると言われます。また、肌を柔らかくする効果も高いので、ふっくら肌に導いてくれます。さらに、紫外線防止効果も!
植物由来にこだわっているシンリーボーテでは、このメドウフォームの力に着目し、「モイストリッチクリーム」に配合しています。
メドウフォーム油の感触は、肌につけるとコクがあり、塗った後はさっぱりとなじむのが特徴。「モイストリッチクリーム」の”最初は硬めだけど、するすると伸びる”テクスチャーを作り出している一つの要素でもあるんですね。
ちなみに、メドウフォーム油は食用としても流通しており、不飽和脂肪酸が少ないため酸化されにくく、酸化安定性が優れている油とされています。
乾燥する冬、肌は角質を分厚くして肌を守ろうとします。その結果、ゴワゴワした硬い肌に。。。不純物を溜め込むので、肌荒れや大人ニキビの原因になってしまいます。また、シワにもなりやすいので、一刻も早く改善することが大切。そんな時は、エモリエント効果のある成分でお肌を柔らかくするのが必須と言えます。
メドウフォーム種子油は、肌をふんわりやわらげた上に、潤いのヴェールで乾燥から守ってくれる頼もしい存在!植物の持つ自然のパワーってスゴイですね!

バックナンバー