乾燥してるのに大人ニキビ…これってどうして?

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

冬本番、外に出るとひしひしと空気の乾燥を感じますね。
風が強い日は特に辛い!
でも・・・
こんなに乾燥してるのに、なぜか大人ニキビもできやすくなったという人はいませんか?
それ、決して気のせいではありません。
ニキビ=皮脂が原因と思われがちですが、大人のニキビはちょっと違うのです。


過剰な皮脂の分泌が原因の思春期ニキビと違って、

大人ニキビは乾燥や女性ホルモンバランスの乱れが主な原因。
空気が乾燥して肌が乾きがちな冬こそ、かえって大人ニキビができやすいという側面があります。
それに、室内外の温度差の大きさは女性ホルモンバランスを崩す一因。
女性ホルモンは、皮脂の分泌量にも関係しているので、
女性ホルモンバランスが乱れると、お肌の水分量と皮脂量のバランスが崩れ、
お肌のコンディションが悪化して肌荒れやニキビができやすくなります。
うーん・・・、総合的に大人ニキビができる条件が揃ってしまっていますよね。
冬なのに大人ニキビができる・・・
ではなく、冬だから大人ニキビができてしまったという人も少なくないんです。
対策はやはり、保湿!
化粧水をたっぷり使うことはもちろんですが、
冬のお肌は冷たい風にさらされて、パリパリ乾燥した状態。
洗顔やクレンジングでお肌に負担をかけないことも大切です。
お肌に優しい洗顔料やクレンジングを使って、ふんわり優しく汚れを落としてあげてくださいね。
もちろん、洗顔後の保湿はたっぷりと。
大人ニキビの悩みは、洗顔や保湿を変えると解決することも多いのです。
ニキビを気にするあまり、洗い過ぎてしまっている人も少なくないので、
ぜひ「優しく洗う」点にも気をつけてみてくださいね。

バックナンバー