体の冷えは肌の調子にも悪影響!ポカポカボディで美肌を目指そう

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

女性にとても多い冷え性。
私も例に漏れず冷え性で・・・
着替えをする時に自分の手がヒヤッと冷たくてびっくりすることも。
冷え性は肩こりの原因になったり、体によくないことは知られていますが、
実はお肌の調子にも悪影響だということはご存知ですか?
冷えとお肌が関係あるとは、あまり意識していない方も多いのではないでしょうか。
でも、体を冷やすことと、お肌のコンディションは深いつながりがあるのです。


そもそも、体が冷えてしまうのは、血流が滞っているから。

血液というのは、体のすみずみまで栄養を届ける役割をしています。
ということは、血流が悪くなると、体は栄養不足に陥ります。
すると、お肌のターンオーバーも乱れてしまい・・・
不要な角質が残って、肌荒れやゴワつきが起こりやすくなるというわけ。
顔色が悪い=不健康
血色が良い=健康
というのは誰もが持っているイメージですが、
体調だけでなくお肌にも同じことが言えるんですね。
どんなにスキンケアを頑張っても、
体が冷えたままでは、なかなかお肌の調子は上がりません。
寒い冬ならなおのこと。
冷え性を根本的に改善するのは簡単ではありませんが、
●お風呂にゆっくり浸かって体を温める
●冷たいものを避け、温かい飲み物を飲むようにする
●1日1回は体を動かすことを心がける
など、体を温める習慣を積極的に取り入れてみましょう。
健康に良いのはもちろんですが、美肌にも効果があって一石二鳥!です。

バックナンバー