女性ホルモンUPで脱・オバ髪!

こんにちは。シンリーボーテスタッフのマイコです。
そろそろ出産から一年経過しようとしている私。
妊娠・出産によるホルモンバランスの変化が原因で抜け毛に悩んでいましたが、最近ようやく改善の兆しが見え、顔周りには成長途中の短い毛がぴょんぴょん・・・・。ヘアスタイルが決まらず、新たな悩みのタネになっています・・・。

女性ホルモンと髪の関係は、抜け毛だけでなく、ハリやツヤにも密接な関わりがあります。お肌のツヤ同様、髪のツヤが失われるのも、女性ホルモンの分泌量低下が一因です。
女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、コラーゲンの生成量が少なくなります。コラーゲンというと、お肌の弾力を保つ成分ですが、髪の太さにも影響しているので、女性ホルモン分泌が減ると、髪が細くなり、ハリやツヤも失われてしまうのです。
また、エストロゲンには、髪の毛の成長期を持続させる働きもあるため、女性ホルモンの低下により、髪の成長期が短くなり、抜け毛や薄毛を引き起こします。
女性の「見た目年齢」は、顔だけでなく髪も大きな要素を占めています。
顔はキレイにしていても、髪の毛で何となく年齢がバレてしまう・・・ということもあるようです。お肌だけでなく、髪のエイジングケアも重要ですね。
女性の髪の悩みには、様々なヘアケア商品が販売されていますよね。
毛髪や頭皮に外から栄養を与えるのも大切かもしれませんが、卵巣の機能が髪の健康にも深く関係していることを意識して、女性ホルモンUPで美髪を保ちたいですね!

バックナンバー