味噌汁やスープに入れるだけ?!秋の旬食材でホルモンアップ!

こんにちは!シンリーボーテスタッフのマイコです。
日に日に涼しくなり、秋が近づいてきましたね。
秋は、過ごしやすいし、食べ物も美味しいし、好きな季節です!
秋刀魚、秋鮭、栗、きのこ、梨、りんご、ぶどう・・・
旬のものは美味しい上に、お値段も安いので嬉しいですよね。
今回は、秋の旬食材で、ホルモンバランスを整えてくれる食材をご紹介します!

その旬食材とは、「ミョウガ」!
ミョウガって、冷奴にのせたり、そうめんの薬味に使ったりと、夏のイメージがありますが、7月?8月に収穫されるのは「夏ミョウガ」。9月?10月に採れるものを「秋ミョウガ」といい、秋ミョウガの方が粒が大きく、色や香りも良いと言われているそうです。
ミョウガには、ホルモンバランスを整える効果があり、女性特有の冷えや生理不順などによいとされています。
また、あの独特な香りは「α?ピネン」という香り成分で、血液の循環を調整したり、消化を促進する効用があるほか、脳からのアルファ波の発生を増加させるため、リラックス効果もあるそうです。
ミョウガの香りを嗅いでリラックスとは、意外ですよね。ヒノキの香り成分と同じなんだそうです。
効果を得るのに1日に必要な量は、中程度の大きさのものを2個程度。
これからの温かいスープや味噌汁が恋しくなる季節に、サッと刻んで加えてみましょう!
ひと手間加えるだけで、ホルモンバランスを整えてくれるなんて嬉しいですね!
また、ミョウガは、甘酢漬けにしても美味しいですよね。
少し茹でて甘酢につけるだけ。他にも、ミョウガの漬物は、塩麹漬けや味噌漬けなど、いろいろバリエーションがあり、簡単なうえに、ちょっとした一品になるので便利です。
皆さんも、秋の食卓に、ミョウガを加えてみてくださいね!

バックナンバー