夏が終わると女性は老ける?!分かれ道は初秋スキンケアにあり!

こんにちは!シンリーボーテスタッフのマイコです。
9月に入り、日中はまだ暑い日もありますが、秋の風が感じられるようになりましたね。夏の終わりには、お肌のゴワつきやくすみが気になる、という方も多いのではないでしょうか。過酷な夏を乗り切ったお肌は「夏疲れ」しているのです。
「夏が終わると女性は老ける」というフレーズがありますが、ひと夏超えて、見た目年齢が上がってしまった!ということを防ぐためにも、夏の終わりから初秋にかけてのスキンケアが重要になってきます。

まず、「夏疲れ」している肌はどのような状態なのでしょうか?
肌は紫外線=刺激とみなし、角質を厚くすることで、刺激から肌を守ろうとします。たっぷりの紫外線を浴びる夏が終わるころには、古い角質で分厚い状態に。さらに、肌は紫外線のダメージを修復しようとして、代謝を早めるため、未熟な角質をどんどんつくってしまい、結果ゴワつきやくすみを引き起こしているのです。
本来、角質細胞は何層にも重なりあって肌の水分を保っていますが、その機能が低下すると肌は乾燥状態になってしまいます。そんなダメージを引きずったまま、秋から冬の乾燥シーズンを迎えるなんて考えると怖いですよね・・・。
まさに、今の時期に十分なケアをして、夏のゴワつき肌を解消しておくことが、「老け肌」になってしまうかどうかの分かれ道になるといっても過言ではありません。
ケアのポイントとしては、いつもより丁寧にクレンジングを行って、ゴワつき・くすみの原因になっている余分な角質をとる、ということが挙げられます。
クレンジングの後、ローションがいつもより浸透しない!という場合は、まだ古い角質が取りきれていないかもしれません。数日間、丁寧なクレンジングを続けてみてください。1回にローションを手に取る量を少なめにして、少しずつ優しく肌になじませるのもおススメです。そして、角質に保湿成分を届けた後は、水分が逃げないように、クリームでしっかりと蓋をしましょう。
また、「夏疲れ」肌の回復には、睡眠も大切。夜22時?2時くらいは「お肌のゴールデンタイム」と言われるように、肌の生まれ変わりが活発になる時間帯です。湯船にゆっくりとつかってから、いつもより少し早めに寝るなど、この時間帯を意識して質の良い睡眠をとるように心がけましょう。
「ひと夏お疲れさま!」の気持ちを込めて、お肌を優しくいたわり、これからの乾燥シーズンに備えていきたいですね。

バックナンバー