夏冷え対策のおすすめアイテム【レッグウォーマー】

こんにちは!シンリーボーテスタッフのマイコです。
先週末から全国各地で梅雨明けが発表されていますね。
ムシムシした夏到来!皆さま、熱中症にはくれぐれもお気を付けくださいね。
さて、女性にとっては「夏冷え」も気を付けたいところです。
冷房で外から冷やされ、冷たいものの飲食で内臓も冷やされ、
気付くと体に大きな負担をかけてしまっていることも。
さらに「冷え」は、ホルモンバランスを乱す原因にもなるので、
美容にとっても大敵です。
とあるテレビ番組の調査によると、女性の約7割が夏に冷えを感じることがあるそうです。
湯船にゆっくりつかる、飲み物は常温で・・・など、
「夏冷え」対策をしている方も多いのではないでしょうか?

私の場合、夏冷え対策として家では「レッグウォーマー」を履いています。
足首は、皮膚が薄く血液を直接温めやすいので、冷え対策に重要な部位なのです。
また、足首の内側には「三陰交(さんいんこう)」という冷えのツボがあるので、
このツボを温めることが冷え防止に有効とされています。
実は、夏にレッグウォーマーを履き始めたのは、昨年の妊娠がきっかけ。
体が冷えると、おなかが張りやすくなったり、早産や逆子につながることもあるということで、
夏でも徹底的に体を温めるよう、助産師さんから指導されていました。
そこで、ちょっとオシャレではないですが、外出時もレッグウォーマーを着用していたのです。
今はさすがに外出時に履くことはないですが、家の中で冷え対策として履くようにしたところ、
冷房を付けていても、足がヒンヤリすることがなくなりました。
寝る時に冷房や扇風機を使う方は、就寝時にも着用すると、朝起きた時の何となくだるい感じが軽減されますよ。
レッグウォーマーの素材は、厚手感のないシルク素材のものがおススメ!
また、なるべく締め付けが緩いものを選びましょう。
オフィスでのデスクワークが多い方の冷房対策としても有効です。
ひざ掛けを使っている方もいるかもしれませんが、
レッグウォーマーで足首を温めるとより効果的ですよ。
手軽にできる夏冷え対策として、良かったら試してみてください!!

バックナンバー