汗をかくほど乾燥する?汗がお肌に与える影響

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

すっかり暖かくなり、時には汗ばむこともある今日この頃。
皆さんは、この汗がお肌に与える影響って考えたことありますか?
汗をかくということは、ベタついて不快というだけではなく、
実はお肌のコンディションにも関わっているんです。
今日は、汗をかいたお肌に何が起こっているのかを解説します。


汗の役割は体温調節。

暑くなると汗が出るのは、汗を蒸発させることで皮膚を冷却し、体温を下げるためです。
もし汗をかかないと、どんどん体温が上昇して大量を消耗してしまいます。
では、もし汗をかけなかったら・・・?
体温が上昇してめまいや立ちくらみが起こり、ひどくなると真っ直ぐ歩けなくなったり手足の痙攣が起こることすらあります。
これはまさに熱中症の症状!
発汗で体温調節できる動物というのは実はとても少なく、人間や馬などごく一部に限られるんだそうです。
人間がマラソンのような長距離運動に耐えられるのも、発汗で体温の上昇を防げるからこそ。
汗をかけないと、常に熱中症のような危険にさらされてしまうわけです。
ベタついてうっとうしい汗ですが、体にとって大事な役割を果たしてくれているんですね。
さて、そんな汗ですが、お肌には良くない影響も。
それは、汗が蒸発する時にお肌の潤いも一緒に奪ってしまうから。
汗をかくほど、お肌は乾燥してしまうんです。
汗の成分の99%は水分ですが、次から次へと蒸発してしまうので保湿にはなりません。
それどころか、蒸発前の汗は角質層をふやかしてお肌を脆くしてしまいます。
水でふやけたお肌が柔らかくダメージを受けやすいのは、簡単にイメージできますよね。
乾燥+敏感肌。

汗がお肌のコンディションに与える影響はなかなかコワい!
ベタつくから潤ってる・・・なんて思ったら危険です。
「夏は汗をかくから化粧水は使わない」という女性がいらっしゃいますが、
汗をかくからこそ、たっぷり保湿が重要です。
あとは汗をこまめに拭き取ること。
汗が乾くと涼しくて気持ちが良いですが、それは潤いも一緒に蒸発しているサイン。
汗をかいたら拭くことも、美肌を守るスキンケア習慣のひとつです。

バックナンバー