女性ホルモンと薄毛の関係

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

女性は40代を過ぎるくらいから、抜け毛や薄毛に悩まされる人が増えますが、
最近は30代の若い女性でも、薄毛に悩む人が増えているそうです。
これ、実はどちらも女性ホルモンバランスが原因!


女性ホルモンと髪の毛の発育は、とても密接な関係があります。

だから、40代になって女性ホルモンの分泌がピークを過ぎると、
新しい髪の毛が生えて抜け変わるサイクルが弱まってしまい、
抜け毛や薄毛が目立つように・・・
そして、この減少は、加齢によって引き起こされるとは限りません。
若い女性であっても、ストレスや不規則な生活から女性ホルモンバランスを崩すと、
年をとった時と同じような抜け毛・薄毛になってしまいます。
男性の薄毛と違い、女性の薄毛にはホルモンが関係していることがほとんどなので、
男性と同じ育毛ケアをしても、思うような効果は出てきません。
乱れてしまった女性ホルモンバランスを整えることが、
健康な髪の毛を育て、抜け毛を防ぐことにもつながるんですよ。
女性ホルモンって、本当に女性のあらゆる部分に影響しているんですね。
まだそんな年齢ではないはずなのに抜け毛が増えた、髪が薄くなった。
そんな時は、女性ホルモンバランスが乱れているのかもしれません。
髪の毛や頭皮のケアも、もちろん大切ですが、
根本的な原因となっているストレスはないか、生活習慣や食生活を見直してみてくださいね。
すべての女性の美は女性ホルモンに通ず!です!

バックナンバー