女性ホルモン周期を味方につける、効果的なダイエットサイクル

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。
夏も目前。
半袖で歩く方も見かけるようになり、薄着の季節が近づいてきました。
すると気になるのが二の腕やボディライン・・・
女性にとって、ダイエットは永遠のテーマ。
スキンケアと並んで、常に女性の関心を占める話題ですよね。
でも、なかなかうまくいかない。
だからこその永遠のテーマでもあるわけですが^^;
今日は、女性ホルモンをバランスを利用した、
女性にとって無理なく効率的なダイエットサイクルをご紹介します。

女性のダイエットが一番成功しやすい時期、
それはずばり、生理が終わってからの約10日間です。
この時期、体内の女性ホルモンはエストロゲンが優位。
エストロゲンは、異性を惹きつけるために働く女性ホルモン。
美肌ホルモンと呼ばれるほど、美容とも関係の深いホルモンですが、
その効果のひとつに内臓脂肪の分解を促す作用があるのです。
ウエストが締まった女性らしいボディラインは、エストロゲンの作用によるもの。
女性ホルモンって、男性と女性の体つきの違いまで作っているんですね。
エストロゲンが優位になる生理後は、ダイエット効果が出やすい時。
個人差はありますが、エストロゲンの増加時期は約10日間ほど続きます。
生理が始まる10日前くらいからは、プロゲステロンが優位になります。
プロゲステロンは妊娠・出産のためにエネルギーを蓄えようとする性質の女性ホルモンなので…
食欲増進、皮下脂肪の貯蔵と、ダイエットにはあまり嬉しくない作用があります。
プロゲステロン優位の時期はダイエット効果が出にくい期間。
精神的にもイライラしやすく、ストレスが溜まりやすい時です。
この期間は現状維持を目標にして、無理なダイエットは控えましょう。
1ヶ月間の周期では、おおまかにこのように覚えておくと簡単ですよ。
・生理後の2週間は減量期間
・その後の2週間は現状維持
せっかくダイエットしても、効果が出ないと続ける気も起きませんよね。
女性にはダイエットしやすい時期と、しにくい時期がある。
これを知っているだけでも、体重の変化に一喜一憂しなくてすむかもしれません。
女性ホルモンサイクルを味方につけて、ストレスなくダイエットを楽しみましょう!

バックナンバー