花粉と肌荒れは無関係じゃなかった!花粉皮膚炎を知っていますか?

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。
花粉症シーズン到来!街行く人にもマスク姿が目立ちますね。
かく言う私も最近花粉症デビュー、毎日涙目で過ごしています(*-*)
くしゃみや痒みが辛い花粉症ですが、
実はそれだけではなく、肌荒れの原因になっていることもあります。
実際、花粉の季節になると肌が荒れるという方も多いのではないでしょうか?
それは気のせいではありません。
「花粉皮膚炎」という、花粉が原因で起こる肌トラブルがあるんです。

花粉症による痒みや鼻水からお肌を絶えず触っていると、角質層が荒れてダメージを受けやすいお肌になります。
ただでさえ春のお肌はゆらぎがちで、バリア機能が不安定な時。
そこに花粉の刺激がやってくると、さあ大変!
顔全体が乾燥してかゆくなったり、赤く腫れてしまったり…
これが「花粉皮膚炎」です。
もとからバリア機能の弱いアトピー肌の場合、特に症状が悪化しやすいとも言われています。
また、女性の場合はアイメイクが刺激となって、まぶたが腫れたりカサカサすることも。
花粉皮膚炎の場合、じくじくとひどく腫れ上がるようなことは稀ですが、顔全体がむず痒かったりヒリヒリしたり、とても快適な状況とは言えません。
それに、かゆみで顔を触っていると、さらにお肌が荒れるという悪循環!
つらーい花粉皮膚炎、予防対策としては、とにかく花粉との接触を避けることに尽きます。
メイク時は、油分の多いクリームファンデーションだと花粉を吸着してしまうので、パウダーファンデを使うか、上からパウダーで仕上げるようにしましょう。
ノーメイクの時も、プレストパウダーやルースパウダーをはたくのがおすすめ。
花粉がお肌に直接触れるのを防いでくれます。
まぶたは皮膚が薄く、アイメイクやクレンジングが負担になりやすいため、花粉症や肌荒れがひどい時には控えめにしたほうが賢明です。
メイクしなければならない時も、できればクリームシャドウは避けて、ふわりと軽いパウダーシャドウを。
そして、クレンジングは極力お肌に優しく
洗浄力の高過ぎるクレンジング、ダブルクレンジングによる洗い過ぎ、ゴシゴシ摩擦、
これらはみんな、お肌のバリア機能を奪ってしまいます。
洗顔後は化粧水を重ね付けして、お肌にしっかり水分をキープ。
潤い=お肌の防御力ですから、念入りに保湿して、花粉に負けないお肌の土台を作りましょう。
花粉はお肌だけでなく服にも付着します。
季節柄、ウールや起毛の服を着ることはあまりないとは思いますが、セーターやカーディガンなどは花粉を引き寄せてしまいやすい素材。
花粉予防には、サテンや化繊のように表面がサラリとした素材の生地が有効です。
花粉症や肌荒れが気になる方は、服の素材にも気をつけてみてくださいね。

バックナンバー