食べる美白ビタミンCは、旬の夏野菜でたっぷり摂ろう!

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

6月頭から日本全国が続々と梅雨入り、なんだかジメジメしたお天気が続いていますね。
雨も憂うつですが、梅雨が明ければ真夏の太陽の季節がやってきて、
それはそれでお肌にはダメージの大きい季節!
夏休みや夏祭りなど、楽しいこともたくさんある一方で、
美肌維持には悩ましい時期でもあります。
そんな夏、美肌や美白の強い味方になってくれるのが、
ビタミンCをたっぷり含んだ、夏が旬の野菜たち。


現代はどんな野菜であっても、ほとんど1年中スーパーで買うことができますが、

実は同じ野菜であっても、季節によってまったく栄養価が違っています。
例えばトマト。
女性栄養大学の辻村卓教授の研究によると、
1月のトマトと7月のトマトとでは、ビタミンCの含有量になんと2倍近い差が!
ビタミンCが豊富なのは、トマトが旬を迎える夏のほう。
それ以外の野菜でも傾向は同じで、
旬の季節ほどビタミンCが豊富で、それ以外の季節には半減してしまいます。
ほうれん草などは、旬とそれ以外の季節でビタミンCの量に5倍近い差があったほど。
辻村教授は「(同じ野菜であっても)旬とそれ以外では、見た目は同じでも別の野菜」
「季節ごとの成分記載があってよい」とコメントしています。
確かに、ビタミンCの量が2倍も3倍も違ってくると、
食べる量だって2倍、3倍の違いが出るわけで・・・
旬の野菜を食べ続けている人と、旬を無視している人とでは、
同じ量の野菜を食べていても、栄養バランスがまったく違ってきてしまいそうです。
旬の野菜を食べることは、味が美味しいというだけではなくて、
健康やお肌の調子にとっても大切なことなんですね。
ちなみに、7月から8月にかけてビタミンCが豊富になるのは、次のようなお野菜たち。
●トマト
●キュウリ
●じゃがいも
●チンゲンサイ
●ピーマン
●レタス
ビタミンCはメラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防いだり、
コラーゲンの生成をサポートするなど、美白にも美肌にも欠かせないビタミン。
紫外線ダメージで肌が老化しやすい夏場には、特に積極的に摂りたいビタミンです。
ビタミンは一定量を超えると排出されてしまうので、
毎日こまめにビタミンCを摂り続けることが、ビタミンパワーを味方につける秘訣。
夏場はぜひ、旬の野菜をたっぷり取り入れて、
体の内側からも美白と美肌を心がけましょう!

バックナンバー