抗酸化作用がビタミンCの6倍!楊貴妃も愛した「クコの実」

こんにちは!
シンリーボーテスタッフのミカコです。
先日、ドライフルーツのお店でクコの実を買ってみました。
家にあった市販のゆず茶にクコの実を入れてみたところ、赤い色が映えてかわいらしく、お店で出されたものを飲んでいるような気分に。とても簡単ですが、見た目が彩り良くなって気分もちょっぴりアガります。
世界三大美女「楊貴妃」が美しさを保つために毎日食べていたと言われているクコ。ビタミンやミネラルなど栄養成分を豊富に含み、古くから美容効果・不老効果を目的として珍重されてきました。薬膳料理にもよく使われていますよね。滋養強壮に効く果実としても知られています。

シンリーボーテ「うるおいクレンジング泡ジェル」には、クコの実から抽出した「クコの実エキス」が配合されており、その美白作用はビタミンCの2倍、抗酸化作用においては、ビタミンCの6倍と高い効果であることが検証されています。
さらに、シワやたるみなどの防止、その進行を遅らせる事が期待できる「コラゲナーゼ活性阻害作用」も。コラゲナーゼ・・・聞き慣れない言葉ですよね。
そのコラゲナーゼとは、コラーゲンを分解する酵素。加齢や紫外線照射によりコラゲナーゼの活性は高まり、コラーゲンの破壊が促進されます。コラーゲンが減少するとシワやたるみの発生など、老化現象が顕著に現れてきます。クコの実エキスには、このコラゲナーゼが発生するのを阻害する作用があるのです。
こちらでも、クコの実の効能について詳しくご紹介していますのでご覧下さい!
よく杏仁豆腐の上に、ちょこっと飾りとして乗っているクコ。実は、ただの「お飾り」的な存在ではなく、優れた中身を持ってるんですね!
冒頭のゆず茶のように、お茶と一緒にいただいたり、スープに入れたりするのが比較的簡単な摂り方。他には、パンを焼くときに混ぜたり、鶏鍋に入れても相性○です。
見た目にもかわいく、美容効果もたっぷりのクコの実。皆さまの食卓にも取り入れてみてくださいね。

バックナンバー