知ってるようで説明できない、ビタミンCの美肌効果

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

ビタミンCと言えば、美肌のビタミン!
とは女性の共通認識だと思いますが、ビタミンCが具体的にどんな働きをするのか、
具体的に説明できる方はあまり多くないのではと思います。
名前にビタミンと付けば、それだけでなんとなく良いものだと思ってしまうから不思議ですよね。
今日は、知っていそうで知らないビタミンCの働きについて、主に美容効果にフォーカスしながらご説明します。


ビタミンCは、数あるビタミンの中でも特に幅広い効果を持つビタミン。

その中でも、美容と関係が深いものを挙げてみますね。
●コラーゲンの生成を助ける
●紫外線によるメラニンの生成を抑える
●活性酸素を除去し、老化を妨げる
他にもたくさんあるのですが、ビタミンCが美肌に効くと言われる理由は、主にこれらの効果から。
では、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。
●コラーゲンの生成を助ける
まずひとつめの、コラーゲン生成を助ける働き。
コラーゲンは言わずと知れた美肌の素、お肌のハリや弾力を支えている成分ですね。
コラーゲンは私たちの体内で合成されています。
ビタミンCは直接の材料ではないのですが、コラーゲンの生成作業に欠かせない成分。
だからビタミンCが不足すると、十分な量のコラーゲンを作れなくなり、結果お肌の弾力が失われてしまうというわけです。
●紫外線によるメラニンの生成を抑える
ビタミンCは美白の代表的成分。
お肌は紫外線が当たるとメラニン色素を作って色を黒くし、紫外線ダメージからお肌を守ろうとします。
これがシミ。
ビタミンCは、このメラニン色素量を抑える作用があります。
また、すでに出来てしまったシミの色素を無色に戻す効果も!
シミが出来るのを防ぎ、かつ出来てしまったシミも薄くしてくれるという、なんとも嬉しい成分なのです。
●活性酸素を除去し、老化を妨げる
人の体は時間とともに老化していきますが、その具体的な元凶は活性酸素と呼ばれるもの。
体のサビ、と表現されることが多いですね。
このサビ、もとい活性酸素が体の細胞や組織を酸化させ、機能を衰えさせているのが老化の原因であると言われています。
ビタミンCには、この活性酸素の働きを抑える高い抗酸化作用を持っています。
つまり、老化を遅らせてくれるということ!
と、ここまで3つ見てきましたが、知れば知るほど美肌のビタミンと言われる理由がよくわかりますね。
素晴らしく万能なビタミンCですが、摂取の際の注意点が2つ…。
ひとつは調理に弱いこと。
ビタミンCは水溶性なので水に溶けやすく、熱にも弱いので、
洗ったり加熱したりすると失われてしまうことが多いのです。
ですから、野菜や果物のビタミンCを効果的に摂るなら生食がおすすめ。
もうひとつは体内に蓄えることができないこと。
たくさん摂取しても、余ったビタミンCはすぐに排出されてしまうのです。
そのため、1度にたくさんのビタミンCを摂るより、1日に何回かに分けて摂取するのが効果的。
空腹時よりも満腹時のほうが吸収率が良いので、食後に摂るのがおすすめですよ。
ビタミンCを上手に摂るポイントをまとめると、”こまめにコツコツ”ということ。
まさに美肌は一日にして成らず!ですね。
コツコツ積み重ねて、エイジレス美肌を目指しましょう!

バックナンバー