見た目を一気に老けさせるマリオネットラインとは

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

皆さんは、マリオネットラインという言葉を知っていますか?
妙齢の女性であれば、ほうれい線という言葉はご存知かと思いますが、マリオネットラインもほうれい線と同じく、顔にできるシワの一種。
具体的には、口角からアゴに向かってできるシワがマリオネットラインと呼ばれています。
人形の口元に似ていることからこの呼び方になったそう。
確かに、腹話術の人形や食い倒れ人形を思い浮かべると口の横に線が入ってますね…。


名前こそ可愛らしい雰囲気があるものの、マリオネットラインは女性にとっては、ほうれい線と並ぶ悩みの種。

口元のシワって、見た目年齢を一気に老けさせてしまうんですよね。
それに表情もムスッと見えて、印象まで損なってしまいます。
女性にとっては憎きマリオネットライン、できてしまう原因は大きく2つ。..
それは肌のたるみと筋肉の衰えです。
どちらも年齢による要因が大きいですね。
マリオネットラインに悩むのは肌の老化を実感する40代くらいからの女性が多いように思います。
このくらいの年齢になると、肌のたるみは意識してケアされている方も多いのですが、見落としがちなのが筋肉のケア。
先日のビューティホルモンアップ塾でも取り上げましたが、顔の筋肉は肌のハリを支える、縁の下の力持ち的存在。
これが衰えるとハリの土台が力を失って重力に逆らえなくなり、たるみやシワの原因になります。
でも、筋肉は使わなければ衰える一方。
例えば人と話すことが少ない、あまり笑わない、よく噛まずに食べる…などで口周りの筋肉を使わずにいると、どんどん弱ってマリオネットラインの予備軍を作ってしまうのです。
そういえば、年齢を感じさせず若い人って、明るく表情豊かな気がしませんか?
雑誌のモデルさんたちのスマイルも口角がキュッと上がっていて、何と言うか、顔全体をフルに使って笑顔を作っていますよね。
表情が豊かということは、顔の筋肉をよく使っているということでもありますから、若く見えることとあながち無縁ではないのかもしれません。
与える印象の問題もありますが、表情が暗くて若く見える女性って、あまり聞いたことがないですしね。
実際、マリオネットラインの予防と改善には、保湿と筋肉アップをダブルで行うのが効果的。
シワやたるみは、スキンケアだけではなかなか効果が見えません。
土台となる筋肉を鍛えて、内側からググっとハリを持ち上げることも不可欠です。
そのためには、普段から口周りの筋肉をよく動かすように心がけましょう。
私のおすすめは、テレビで取り上げられて話題になったこともある、ベロ回しエクササイズ。
やり方は簡単で、口を閉じた状態で、歯の表面に沿わせるようにしてグルグルとベロを回すだけ。
これを左右20回ずつ程度行うのですが、やってみると…想像以上に疲れます!
それだけ口周辺の筋肉を使っていなかったということなんですけどね^^;
キッチンに立ちながらやお掃除しながらなど、ながらエクササイズできてしまう簡単な動作なので、ほうれい線やマリオネットラインが気になる方は、ぜひお試しを。
表情筋は短期間で鍛えやすい部位なので、気になった時が始め時です。
スキンケアとの相乗効果で、マリオネットラインを撃退してしまいましょう!

バックナンバー