毛穴には○○が足りない!大人女子がやりがちな間違った毛穴対策(3)

こんにちは、シンリーボーテスタッフのタカ子です。

間違った毛穴対策として、
・毛穴を冷やして引き締める
・角栓や汚れを落として毛穴を小さくしようとする
の2つを紹介してきました。
毛穴ケアのつもりで、ついついやってしまいがちなことですよね。
今週ご紹介する間違った毛穴対策の第3弾は・・・
「保湿不足」です!


頬の毛穴が目立って見える原因は、実は乾燥。

毛穴の周囲の肌がたるんだり落ち窪んだりすることで、
毛穴が大きく目立って見えてしまうのです。
ですから、毛穴対策のためにはお肌をたっぷり保湿して、
ふっくらとハリのある状態にしてあげることが重要!
毛穴を小さくするというと、つい洗顔や角質ケアに目が行ってしまいますが、
あらゆる肌トラブルや肌老化の最大の原因は、やはり乾燥。
頬の年齢毛穴やたるみ毛穴は、汚れが原因ではなく、
乾燥による潤い不足が原因で起こっていることがほとんどです。
若い女性の毛穴が目立たないのは、お肌に潤いがあるからなんですね。
女性ホルモンが減少を始める30代を過ぎると、
お肌自体の保湿力が低下して弾力が衰えていき、その結果として毛穴も目立つようになってきます。
年齢によるお肌の衰えを補うために、
基本の保湿をしっかり続けることが一番のエイジングケアであり、
年齢毛穴やたるみ毛穴の対策でもあります。
お肌にハリ・ツヤが出てくれば、毛穴も目立たなくなっていきますよ。
大人女子がやりがちな間違った毛穴対策をまとめると・・・
(1)お肌を冷やして毛穴を引き締める
→毛穴は冷やしても小さくなりません!
(2)とにかく汚れを落とそうとする
→大人の毛穴は、汚れではなく乾燥が原因です!
(3)保湿が足りていない
→お肌にハリがないと、毛穴が広がって見えます!
夏本番となるこれからの季節は、特に上記3つをやってしまいがちですよね。
夏場は紫外線ダメージも大きいので、間違った毛穴ケアをしていると、
ますます毛穴が目立つという悪循環にもなりかねません。
基本のスキンケアを毎日丁寧に続けて、毛穴のないなめらかお肌を目指しましょう。

バックナンバー