30代女性が、今までと同じダイエット方法で痩せない理由とは?!

こんにちは。シンリーボーテスタッフのミカコです。
実は、私、今ダイエット中なのですが、なかなか体重が落ちなくて困っています。同年代の友達も同じ悩みを抱えているようで、この間の女子会では、皆口を揃えて「痩せにくくなった!」と嘆いていました。
年齢を重ねると痩せにくくなる理由の一つで、「代謝が落ちる」という言葉をよく聞きますよね。

一口に代謝と言っても、代謝には、新陳代謝とエネルギー代謝の2種類があります。新陳代謝とは、摂った栄養を使って、身体の細胞が古いものから新しいものへと変わること。肌のターンオーバーなどがこれに当たります。
一方、ダイエットに関わってくるのが、エネルギー代謝。摂った栄養を、人間が動くためのエネルギーに変えることを言います。一般的に基礎代謝と呼ばれるものが、このエネルギー代謝です。
基礎代謝は人間の体の成長に必要なものなので、成長期である10代が基礎代謝量のピーク。歳をとるごとに基礎代謝量が低下するのは、避けられません。
また、女性の場合、女性ホルモンの減少も基礎代謝の低下と関わっています。脂肪を付きにくくする働きがある女性ホルモン(エストロゲン)が減少すると、相対的に筋肉量が減り、基礎代謝が低下。基礎代謝でエネルギーを多く使う場所が筋肉なので、筋肉が減ってしまうと、カロリーは行き場を失い、脂肪になってしまうのです。
20代の頃と同じダイエット方法で痩せないのも、納得ですよね。30代からのダイエット成功のポイントは、「ホルモンバランスが整った状態で、基礎代謝を上げる」ことだと言えます。
基礎代謝を上げるために、すぐ思いつくのが運動ですが、仕事・育児・家事・・・と多忙な中で定期的に運動するのは、結構難しいですよね。私も出産前は、ジョギングをしていたり、ヨガに通ったりしていたのですが、今はなかなかそういう時間がとれません。
そこで、今、専門家のアドバイスのもと、私が実践中なのが、ながらストレッチです。コツは、大きな筋肉を刺激すること。大きな筋肉を鍛えると、それだけエネルギー消費が増え、基礎代謝が上がるのでより効果的だそうです。その大きな筋肉とは、太ももとお尻。
一例を紹介すると・・・
横向きに寝転がった状態から、片足を斜め後ろ方向に上げます。10回程度繰り返したら、向きを変えてもう片方の足も。
夜寝る前に、子どもと寝転がって絵本を読みながら、足を上げています。テレビを見ながらでも出来そうですよね。他にも、ウェブで「ストレッチ 太もも」などで検索すると、色々なストレッチが紹介されているのでご参考に。私と同じ悩みを持っている方、一緒に頑張りましょう!!

バックナンバー