アロマ効果で女性ホルモン力が高まるメカニズムって?

アロマといえば、リラックス、リフレッシュといった癒しのイメージをお持ちの方が多いでしょう。

 

しかし、アロマテラピーで使われる精油にはさまざまな種類があり、中には女性ホルモンのバランスを整えるものもあります。

 

植物の作り出す香りが、私たちの女性ホルモンにまで影響するなんて、ちょっとすごいことですよね。

 

どうしてそんなことができるのかというと、嗅覚で得た香りの情報は、脳に直接作用するからなんです。

 

視覚や聴覚で得た情報は、一度情報処理されてから脳に伝えられますが、香りはこのステップなしで、脳にダイレクトに伝わります。

 

私たちの持つ五感の中で、脳にダイレクトに作用するのは嗅覚だけだそうですから、香りの及ぼす影響というのは、思った以上に大きいんですね。

 

女性ホルモンの分泌指令を出しているのは脳。

 

だから、香りによって、女性ホルモンのバランスを整えるように脳に信号を伝えることができるというわけです。

 

シンリーボーテのオリジナルアロマも、この点に着目して作られています。

 

200種類以上もの精油の中から、最も効果の高い組み合わせと配合比率を検証して開発されたものなんですよ。

 

単に良い香りでリラックスできる、というだけでなく、嗅覚と脳のメカニズムに基づき計算された香りというわけです。

 

シンリーボーテの製品でお肌をお手入れする際には、是非、香りが脳に働きかけていることをイメージしてみてくださいね。

 

 

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー