女性ホルモンを語るのに欠かせない「イソフラボン」の力とは?

こんにちは!シンリーボーテスタッフのルミ子です。

 

前回は、女性ホルモンを作ってくれる栄養素として、コレステロールについてお話ししました。

 

今回は、同じく女性ホルモンを作ってくれる栄養素である「イソフラボン」について取り上げてみたいと思います。

 

女性ホルモンのキーワードを意識している方でしたら、必ず一度は耳にする大豆イソフラボン。

イソフラボン成分がエストロゲンと似た作用で、女性ホルモンのバランス調整にとても有用的なのはご存知の方も多いはず。

 

また、更年期になると、それまでカルシウムの流出を抑制していたエストロゲンの分泌量が低下し、どうしても骨がもろくなります。

骨の老化を防ぐためにもイソフラボンは必要不可欠なのです。

 

大豆イソフラボンの主な効果

 

・ ホルモンバランスを整える
・ 月経周期を調整する
・ 乳ガンのリスクを低下させる
・ コレステロール値を改善する
・ 骨粗鬆症を予防する

 

女性ホルモンの不調は、年齢を重ねてからあらわれるものだけではありません。

最近では30代からのプレ更年期もあり、女性特有の不快症状を感じたらイソフラボンを積極的に取り入れて欲しいですね。

 

ただし、その危険性ついても示唆されています。

特に閉経前の女性は、身体に多くのイソフラボンが入ると、身体は「エストロゲンがたくさん出ている!」と勘違いしてしまい、エストロゲンの分泌を多くしてしまいます。

これによって、逆にPMSの症状を重くしたり、月経不順を起こしてしまう可能性もあるのです。

 

身体に良いからと一度に大量摂取するのではなく、適量を毎日続けることが何事も大事なんですね!

 

「毎日続ける」といえば、スキンケアも同じ。

 

シンリーボーテの全製品には、イソフラボンを高含有するヒオウギのエキスが配合されています。

 

ヒオウギは、女性ホルモンバランスを整えてくれるだけでなく、細胞そのものを元気にする細胞賦活作用を持っているので、大人の女性に嬉しい効果が。

 

女性ホルモンが気になりだしたら、毎日の食卓でバランスよくイソフラボンを摂取し、シンリーボーテのスキンケアで肌からも女性ホルモン力をアップさせましょう!

 

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー