「水」を知ってキレイになりましょう!

こんにちは!シンリーボーテスタッフのルミ子です。

 

いつのまにか気温がグングン上昇して、日中は半袖で歩いている方もちらほら見かける陽気になりましたね。
この時期、熱中症にも気を付けましょうという注意喚起もあるくらいです。

 

水分補給を欠かさないように気を付けましょうね。

 

さて、普段みなさんが口にされているミネラルウォーター、「硬水」と「軟水」に分けられます。

 

硬水と軟水が、それぞれ身体にもたらす作用ってご存知ですか?

 

軟水と硬水の違いはその“硬度”にあります。

 

簡単に言うと、水に含まれるカルシウムやマグネシウムの含有量が多いと「硬水」になり、一定の数値以下だと「軟水」になります。

 

含有量が多くなると「中硬水」「超硬水」と呼ばれるそうです。

 

日本の一般的な水は軟水で、柔らかなさっぱりとした口当たりが一般的です。

 

超硬水は重く、苦みがあり硬いという表現がピッタリなので、軟水に慣れ親しんでいる日本人には苦手な方も多いです。

 

ちょっと飲みづらいイメージの硬水ですが、硬い味の理由はミネラル分を豊富に含んでいるからです。
カルシウムやマグネシウム、その他にも天然のミネラルを含んだ硬水は美容効果も大です。

 

便秘でお悩みの方は、積極的に摂るとよいとされています。
ただし、胃腸が弱い方はお腹が緩くなる可能性があり、腎臓に疾患がある方は飲み過ぎると、尿路結石などを引き起こすこともあるので、その時の体調やご自身の体質に合わせて適度に摂取してくださいね。

 

シンリーボーテのスキンケアラインの原料のひとつでもある水も、じつはとてもこだわっています。
最近や塵はもとより、パイロジェンという細菌から出される代謝物などで、体内に入ると発熱の原因となる物質も取り除き、多くは医薬品レベルで使用される、限りなくH2Oに近い水『超純水』を使用しています。

 

不純物を極限まで取り除いているため、肌への安全性がより一層担保されているんですね。

 

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー