あなたが「オス化」しやすい人か、たった1秒で見分ける方法?!

こんにちは!シンリーボーテスタッフのミカコです。
ヒゲや薄毛、体臭など、女性の身体にショックな変化をもたらす「オス化」。
職場で、男性と同じようにバリバリと仕事をこなす、カッコいい女性が増えるのは良いことですが、身体まで「オス化」してしまっては残念ですよね。

女性が「オス化」する主な原因はストレス。
男性と同じように仕事のストレスを抱えているのに加え、家のことや子供のことなど、ストレスの種類も多様化しています。
ストレスによって女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、男性ホルモンの働きが強く出てしまうため、ヒゲや脱毛などを引き起こすのです。
さて、実は、「オス化」しやすいかどうかを、一瞬で見分ける方法があります。
ご自分の手の指を見てください。人差し指と薬指、長いのはどちらですか?
薬指の方が長い人は、「オス化」しやすいと言えます。
これは、胎児の時にお腹の中で、男性ホルモンと女性ホルモンのどちらを多く浴びたかを示しています。男性ホルモンであるテストステロンを多く浴びると、薬指の成長が促されるのです。逆に、女性ホルモンのエストロゲンを多く浴びていると、人差し指の方が長くなります。
いかがですか?あなたは、どちらの指が長いでしょうか?
ちなみに、私は明らかに薬指の方が長く・・・。「オス化」しやすい女のようです・・・。
もちろん、指の長さだけで一概には言えませんが、一つの傾向として知っておくと、万が一「オス化」現象が表れたときに冷静に対応できるかもしれません。
「オス化」の敵はストレスの他にも。脂っこい食べ物、ジャンクフード、たばこ、お酒の飲み過ぎは、皮脂の酸化を促し、オスの体臭を促進します。さらに、体内の活性酵素を増やすため、老化をも促進するのです。オス化ならぬ、お爺さん化?!・・・恐ろしいですね。
ストレスと完全に縁を切るのは難しいもの。でも食生活の改善など実践できるものから、アンチ「オス化」していきたいですね。

バックナンバー